クリスマスとスキー

今年もあっという間に年末。そろそろ長男もクリスマスを理解し始めているので、プレゼントやイベントの計画をしよう。クリスマスがちょうど週末なので家族でスキーに行くことに。まだ、エスティマのスタッドレスタイヤを準備してないので、ディーラーに相談。長男3歳はスキー・デビューの予定。小さい子でも滑れそうなゲレンデという事で、たんばらの緩斜面が思い付く。なんと3歳児でもスクールが受けられるようなので、早速予約しておいた。3歳で本当にスキーやれるのか、リフトに乗れるのか。というよりも自分がそもそもスキー10年振りだし、ちゃんとエスコートできるのか、初回はいろいろ不安があるね。

次にクリスマス・プレゼント。去年はサンタクロースとか認識してなかったけど、今年はかなり楽しみにしている様子。最近はグラップルという重機がお気に入り。ショベルカーのショベル部分がカニのハサミのようになっていて、ものを掴む事ができる。その辺りをヒントに、大好きなトミカのハイパーレスキュー3号に決定。ハイパーレスキューには他にもドラグショベルというグラップルそのものなミニカーもある。ハイパーレスキュー3号と一緒に遊ぶミニカーが4つ付いた機動車セットというのもあり、結局まとめて買ってしまった・・・。amazonのリコメンド恐るべし。次男にも忘れずに、引っ張って遊ぶようなうさぎのプルトイを購入。

クリスマス当日、午前5時頃に出発。『何で暗いのに出掛けるの?』という質問をよそに順調に進む。途中、上里SAで朝食。まだ6時くらいなのに、席が埋まるくらいは人がいる。9時前には現地に着いて、早速滑る準備をする。子供を同行したばあばに預けて、とりあえず1時間くらい滑る。スクールが10時からなので、20分くらい前に戻って手続きを済ます。最初は怖そうな顔をしていたが、子供用のスキーをレンタルしたら『これなら出来るかもね』とやる気を見せる。スクールは女性の先生で、親は見えないように、と言われたので預けて早々に退散。また1時間くらい滑る。

スクールが終わる頃に迎えに行くと、おお、何とか滑っている。リフト乗って一本滑ったようだ。教え方のコツなどを教授してもらってスクールは終了。昼食を済ませつつ長男の休憩を取る。聞くと一緒に滑る!というので、ボードからスキーに履き替えて一緒にリフトに乗る。子供抱えてスケーティングはかなり重労働だね。何とか一緒にリフト乗れたときの嬉しさは格別。その後も手を引いたり、自分のスキーで挟んだりして、一緒に滑る。ときに一人で滑らせると、怖そうな顔をするが楽しそうでもある。しかし、3歳児にスキーを教えるのは異次元のレベルで疲れる。全然滑れなかったのに、充分満足できるのは子供マジックかなw

※翌朝、クリスマス・プレゼントも目の色変えて喜んでいました。次男はおいしそうに食べていましたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)