スノボ@ふじてんスノーリゾート

毎年欠かさずスキー旅行は行っているけど、ここ3年ほどは苗場のみ。というのも、まだ3〜4歳の子がいたから、いつも同じところの方がよいだろうという判断。それくらいの子のスキースクールを探すのも手間なので、3歳から面倒見てくれる苗場は利用しやすかった。そんな我が家も末娘が4歳となり、そろそろ他のゲレンデもありじゃないか、という時期。3月も苗場プリンスホテルを予約していたんだけど、他の予定とぶつかってしまっていけなかったので、代わりのゲレンデを探していた。

今からホテルを探すのは難しいので今回は日帰り。日帰りでのスキーは自分の負担が大きいため、しばらく見合わせていた。最近はスキーにおいて子供が手離れしつつあることと、嫁も運転を手伝ってくれるようになったことで解禁。慣れもあって関越方面を希望したが、もう少し距離的に近く、どうせなら行ったこともない富士山方面を選択。友人からも勧められていたふじてんスノーリゾートに決めた。

湯沢方面に比べると近いので、いつもより遅めの出発。環八>関越ルートではなく、甲州から中央高速へ。移動時間が短いので途中休憩もなしの予定。途中から富士山がきれいに見えてテンションが上がる。特に混雑することもなく現地到着。高速降りてすぐのところに富士急ハイランドがあるんだね。きれいにライトアップされていた。これだけ近いなら富士急遊びに来るのも全然ありかも。

直前のコンビニでトイレと買い出しを済ませてゲレンデへ。目の前の軽トラがとんでもない煙を吐いているのが気になったんだけど、自分で気付いたらしくハザード出して停車していた。大丈夫かな。その道を進むとゲレンデに着く。車は既に少なくなかったが、わりとセンターハウスに近いところに駐車できた。日帰りの場合、車でボードからスキーに履き替えるので、車が近いことは極めて重要。散歩がてらセンターハウスの設備を見渡してトイレも済ます。

食事するところはなさそうなので、車で朝食を済ませて子供達と着替える。嫁と娘は10時のスクールまで待機なので男の子2人連れてゲレンデへ。リフト券購入は既に長蛇の列。先に買っておくべきだったと思いながらも大人しく並ぶ。どのセット買うのがよいか悩んでいると、すぐに自分の順番に。意外と進みは早かった。スクールはただでリフト乗れるらしいので末娘は半日券でよさそう。大人2人子供2人のセットが最もお得だったので、それを購入。

思ったよりも金額が高いので確認するとリフト券1枚ごとに500円のデポジット。リフト券は見慣れないプレートのようなもので、どうやら所持しているだけで通れる自動改札らしい。NFCなのかな。暑くて待ちくたびれている子供2人と合流して早速クアッドに乗る。長男も次男も3年振りくらいの知らないゲレンデにうきうきしている。クアッドからは左右に2コース分かれていて、まずは右から。なだらかで滑りやすいコースが続き、最後はウェーブになっていた。

2本目は左のコース。途中で別のコースに分岐する。モーグル用のコブをボードで進みつつ、ペアリフトの方へ。やっぱりコブが一番疲れるな。。。安全バーのないパノラマリフトに驚きつつ下車。ここも左右にコースが伸びる。右は大会用で滑れなかったので左へ。急勾配のコースとなっているが、いかんせん短め。子供たちはこれくらいがちょうどいいのか、何度か繰り返す。飽きたところで嫁と合流するためにクアッド方面へ戻る。

すっかり列を成しているクアッドに並んでいるところへ嫁が合流して一緒に滑る。あまりの待ち行列にうんざりしてロマンスリフトに乗ってみる。ここも安全バーがないんだね。降りると、またもや2コース。片方は普通のスキー禁止のスノーパーク。私と長男がこちらへ。スキーの次男と嫁はロマンスコース。ここで初めて本格的なキッカーを体験したんだけど、1回目は怖かった。。。びっくりするくらい地面が遠く感じたよ。何度かやると慣れてきて、わりと着地できるようになった。怪我しないようにしないとね。

11時前にはお腹が空き、センターハウスに戻って食事。ちょっと並んだけど、その後の混雑に比べればマシな方だった。食事の終わる12時頃にスクールを終えた娘が合流。嫁と娘が休んでいる間に、男の子2人と午後先行。食事時だからか少しマシになったクアッドであがってパノラマリフトへ。午前中は閉鎖していたダウンヒルWESTを滑ってみる。こちらもなかなか楽しい傾斜。コブもあったので滑ってみたかったんだけど、スキーヤーで混んでいたので断念。あとで気付いたんだけど、ダイナミックコースに戻ればなんちゃってモーグルを通って戻ってこれるから、そこでコブを楽しめばよかったんだね。

一旦、センターハウスに戻って食事を終えた娘を引き取る。スキーに履き替えて娘とファミリーコースへ。前回大失敗した独り滑りに再挑戦。今回は嫁と次男もヘルプに来てくれて、傾斜も緩いので期待は増す。娘を嫁に預けて自分が少し先に降りて待つ。恐る恐る降りてくれる娘に大きい三角で止まれーっと何度も叫ぶ。・・・と、下で待つ私の少し手前で自力で止まった娘。皆でやったーっと大騒ぎしました。その後も何度か自力停止に成功。まだ4歳なので何度か滑ると疲れてしまう。あとはご褒美で一緒に滑ってあげる。

午後には天候が良過ぎて、べちゃべちゃになるかなあと思いきや、普通に16時頃まで滑れた。娘に買った回数券5回をちょうど使い切ったところで3人と合流。雪を落として車で着替え。ふとリフト券が目に入り、デポジットを思い出す。デポジット用の機械があるんだけど、そこも並んでいた。うーん、しゃあないか。帰りに富士の眺望ゆらりによって食事とお風呂を済ます。入るまでは混んでたけど、入った後はすんなり。いつもに比べると物足りないかとも思ったけど、子供たちは大満足。日帰りスキー全然ありだね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)