ディズニーランド・デビューその4

すっかりディズニーランドに慣れてきて興奮気味の息子。朝5時起きだったにもかかわらず、昼食後もまるで昼寝する気配なし。どこにそんなエネルギーを蓄えておいたのやらw とはいえ、時折出てくる一言『ディズニーランド行こっか?』が気にはなるけど・・・。一体、何が彼の中でのディズニーランドなのかな。それとも次の乗り物行こう、くらいの意味とか?いずれにせよ激しく元気状態なので、引き続きアトラクションを回る事にした。次はファストパスを取っておいた『プーさんのハニーハント』へ向かう。

スタンバイだと150分待ちという人気振りのアトラクション。ファストパスがあれば10分程度で乗り込む事が出来た。蜂蜜を入れる壷に乗ってプーさんの世界を見て回るという内容なのだが、思った以上にハニーポットは縦横無尽に走り回ったり、ティガーのスペースではぴょんぴょん跳ねたり、と非常によく出来ていた。肝心の息子はというと、何度か両手で顔を覆ってしまっていて、ちょっと刺激が強過ぎたのかもしれない。アトラクションを終えた後に、楽しいか聞いてみると無視。怖いか聞いてみると『怖かった?』との返事。

続いて、昨日には混み過ぎていて乗れなかったアトラクションを消化していく。まずは乗り物好きな子には堪らないであろうウエスタン・リバー鉄道。1列分を家族に使わせてもらえるのでビデオも撮り易く、子供も怖がらないようなのんびりした進行なのでオススメ。その後、近くの人気のジャングルクルーズにトライ。パレードの時間を狙ったので30分前後で乗り込めた。このアトラクションもゆっくりとした進行で、途中に動物や水しぶきなどがあるので、小さい子供でも充分に楽しめると思う。まだ時間があったので、幾つかの気に入ったライド系を乗り直す。

緑色のダンボ

16時半になるとインターネット予約した『ペコス・グーフィーのフロンティアレビュー』というアトラクションにて早めのディナー。グーフィーとミッキーを中心に楽しいショーを舞台上で振舞ってくれる。残念ながら昼間のショーみたいに、テーブルを回ってくれるサービスはないが、それでも子供はやはり食事が手に付かないほど夢中に。昼も夜もこんな状態で、お腹ぺこぺこなんじゃないか、と不安になる。夕食を終えると辺りは暗くなりライトアップが始まる。さすがにヘトヘトだったので帰ろうとすると『何か乗り物乗ろう?』だって。タフだねえ・・・ 帰ったけどw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)