ドコモ光 マルチセッション 障害編

前回、ドコモ光でマルチセッションを実現しようとしたら、それ自体でも問題起きたんだけど、レンタルしてるブロードバンドルータが逝ってしまったという話。ブロードバンドルータはひかり電話対応のPR-S300SE。マルチセッションの設定入れてると数時間で応答不能になってしまうので、その度に電源ケーブルの抜き差しで再起動していたんだけど、繰り返しているうちに電源入れてもルータが起動しなくなってしまった。

表面にある殆どのランプが点灯状態で全く動作しない。具体的には以下のような状態。

ルータ電源 : 緑点灯
アラーム、PPP : 赤点灯
ひかり電話、ACT : 緑点灯
登録、初期状態、無名 : 赤点灯
認証 : 緑点灯
UNI : 消灯
光回線、電源、映像出力 : 緑点灯

マニュアルの故障時確認フローチャート見ると、アラーム赤の時点で異常らしい。初期状態のランプも同時に点灯しているとファームウェアの更新になるようだが、10分待っても20分待っても変化せず。ついさっきまで普通に動いていたのに、なぜこんなことに。。。

埒があかないので、ドコモ光の問い合わせ先を探す。どうやらドコモの故障対応と同じ連絡先でよさそうだが若干不安。機械応答の選択肢にドコモ光の故障は・・・とあってホッとする。時間は土曜の22時半だったが、それほど待たされる事もなく繋がったので、ありのまま今起こった事を話す。幾つか質問もされるが、おそらく故障で間違いないから、担当者より折り返すとの事。

NTTとの収容局とも繋がっていない状態なので、インターネットだけでなくひかり電話もひかりTVも使えない。地上波はフレッツ・テレビなんだけど、これは見れた。以前だったら本当に孤島なんだけど、スマホのテザリングを使って時間を潰す。23時半になると待望の折り返し電話が入る。改めて状況の説明と、UNI消灯という観点からカバー内のONUとルータ間の結線を再確認させられる。問題なし。

おそらく故障に間違いないから急ぎで代替機を送ってくれるとの事。やんわりとマルチセッションの問題の話をして、出来れば別の機種が嬉しいと伝えると、保証は出来ないが在庫数の観点から別の機種になる可能性は高いと言われる。不幸の中でも若干の幸いを見つけて、代替機到着が楽しみに。

翌日、どうせインターネットも出来ないので家族で外食と買い物。18時頃に帰宅すると5分前のタイムスタンプで宅急便の不在伝票が!急いで電話して戻ってくるようにお願いする。18時半には再配達に来てくれて代替機ゲット。この迅速な対応にはドコモとヤマトに感謝感謝。わくわくしながら箱を開けるとまさかの『PR-S300SE』。どうやらこの呪いからは逃れられないらしい。。。

がっかりしてもいられない。既にインターネットが止まって20時間が経過しているので、ちょっとでも早く復旧させたい。既存ルータからLANケーブルや電話線を全て外し、フレッツ・テレビ用の同軸ケーブルを外し、下部のカバーを取って見慣れない光ファイバーケーブルを外す。光ファイバーケーブルの外し方は直感でわからず、ぐぐって確認した。突起に至る前の根元部分を引っ張ると抜く事が出来る。

光ファイバーケーブル

こちらの画像はmedia.kddi.comより引用しています。

抜いたケーブルたちをそそくさと新ルータに接続して電源ケーブルを繋ぐ。下の方のランプが幾つか点滅するが、しばらくすると異常ランプ状態に。。。既存機と同じ。。。なんという絶望!よく見ると光回線が消灯している点だけ異なる。光ファイバーケーブルをいじってると押し込みが甘かったようでカチャリと入り込む。これか!と電源ケーブルを抜き差しして再起動。残念ながら異常のまま変わらず。

とにかく比較しようと今度は既存機に最低限の光ファイバーケーブルだけ付けて起動してみる。さきほどとはまた違うリズムで、下部4つのランプが点滅する。色的にファームウェア更新の可能性もあるので、とにかく待つ。待つ事数分、光回線と電源が緑点灯、絶対に点く事のなかったUNIも緑点滅。上部のランプも正常そうな状態に!なぜか状況が改善した。

これは潮目が変わったかと、今度は代替機の方に光ファイバーケーブルだけ繋いで同じ事を試す。こっちは異常ランプ状態に。。。むー、わかんね。もう一度、既存機に繋いで試す。今度はこちらも異常状態に逆戻り。何だ、一体。一瞬の気の迷いだったのか。既に時間は20時半、また下部のランプが点滅を繰り返しているので一旦様子を見るために食事を摂る。

1時間後、食事を終えて見に来るが状況変わらず。もう絶望慣れして、そろそろまたサポセンに電話かなーと思ったところで、電源ケーブルを新しい方に替えていない事を思い出す。まあ、やれることはやっておこうと差し替えてみる。近くのたこ足は埋まっていたので、少し離れた壁のコンセントから直結する。あれ、あっさりと、まさか!一度だけ奇跡の復活を遂げたUNIがきれいに緑点灯。うおおおお、正常起動した!

たこ足の方にはUPSとスイッチ、UPSの先に幾つかのサーバと外付けディスクケースが繋がっているので電源容量不足を疑う。切り分けのため古いケーブルを壁のコンセントから引っ張って起動してみる。今度はランプ異常で起動しない。ここでやっと問題を絞り込めたんだけど、まさかの電源ケーブル障害。やれることは何でもやっておくものだね。不意のUNI消灯は電源系の問題かもと記憶しておこう。トラブルシューティングの基本は同型機を使う事だけど、もし別機種だったらここまでの特定はできなかったかもしれない。残念だけど残念じゃなかった!

何はともあれ通常起動したので、もともと入っていた設定をどんどん入れていく。せっかく筐体も変わった事だし、マルチセッションの設定も入れてみて再現試験。そして運命の90分後に、、、やはりルータがフリーズ。どうやら個体差の問題ではないようだ。さすがにここから本来の問題をやっつける元気はなかったので、インターネットが回復したところで閉店ガラガラ。

以上、こんな恐ろしい障害を引き起こしかねないマルチセッションって怖いよね!ということでw あくまで振り出しに戻っただけなので、マルチセッションによるルータのフリーズ問題調査は次回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)