ドラゴンクエスト11 PS4 VITA 3DS 比較

遂に迎えたDQ11発売日。PS Storeでの購入でトラブルはあったものの、事前にダウンロード済みだったのも幸いして、予定通り7月29日の0時からゲームスタートできた。あとからニュース記事を読むと、やはり当日のダウンロードサーバは相当数のリクエストが来たようでパンクしていたみたい。当日こうなることは容易に想像できたはずなんだから、メーカー側は充分な事前ダウンロード期間の準備と啓蒙活動を行う必要がある。次はPS4のモンハン辺りで同じことがおきそうだし、是非とも今回の問題を生かしてもらいたい。

さて、そのDQ11。初日は朝までたっぷりPS4版を堪能。非常に美しいムービーが流れる中で、未だに無音生なことに違和感を覚えたけど。画面や音楽は非常に美しく、PS4版を選んだことに改めて大満足。DQ11に合わせたわけではないけど、予めBRAVIAやスピーカーを整えておいたことも奏功した。特にマニュアルを見るまでもなく、普通にゲームを進めていく。うちのPS4は普通のHDDなんだけど、若干ローディングに時間がかかり、その間に表示されるTIPSで操作方法等も学ぶ。

基本的な操作系はDQ10と一緒なので、特に違和感なく操作できる。カメラだけは何故かリバースに慣れてしまっているので、それだけ変更した。このリバース慣れは何の後遺症なのだろう。。。微妙に異なるのがオートランで、指は勝手にL2を押しているものの、DQ11の場合はOPTIONボタンにアサインされている。これが未だに押し間違える。スタートはOPTIONを押しても止まる時についついL2を押してたり。オートラン中にマップやステータスを確認できないのも不便。ここまできたら、DQ10と一緒でよかったのに。

想像以上に使いやすかったのが、vitaでのリモートプレイ。vitaの場合はDUALSHOCKに比べてボタン数が減ってしまうため、その辺りをどのようにカバーするかというのが常に問題となる。幸いジャンプボタンはL2だけでなく、Xボタンでもできるので問題なし。あと日常的に使うカメラ・リセット(L1+R1)も必須。移動を繰り返していると徐々にカメラが寄ってくるので、カメラを引く操作となる視点切替(L3)も使いたい。vitaだと背面タッチで実現するのかと思ったが、画面タッチに機能がアサインされていた。画面の左下をタッチするとカメラ・リセット、画面の中央辺りをタッチすると視点切替。他にも幾つかある画面タッチを使えば、全然問題なく操作できる。

子供たちは3DS版を進めているので、そちらもちょこちょこ手伝っている。幾つか何でって思うような仕様の違いがあって戸惑う。まず、非常に便利に感じているまんたんボタンがない。PS4だとメニュー表示中に□ボタンを押すだけなので非常に便利なのだが、3DS版はそれがない。何故・・・?また、PS4版だとルーラにキャンプ地も含まれるが、これも3DS版にはない。不便なだけ。PS版で地図画面に表示される冒険ガイド、次にどこいけばよいかすぐにわかるので便利なのだが、3DS版の場合はメニュー画面に表示される。これは画面サイズの違いもあるので、わからないでもないけど。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて PS4版
価格:8049円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)

サービスインと同時にゲームを始めるなんて、オンラインゲームみたいなことをやったのはいつ振りだろう。DQ11の世界もきれいになったDQ10という感じで、まるでオンラインゲームみたい。特に街の描写がすばらしい。それぞれ、和風やお祭り、観光地など、何らかのテーマを持つ街並みが非常に生き生きと描かれている。表現力の高さももちろんあるんだけど、街の大きさや人の多さとモーションなどが本当に明るい雰囲気を醸し出している。そういう点も何となくオンラインゲーム的に感じてしまう。この感覚はきっとDQ10によるものなのかな。DQ11終わったら、PS4版DQ10を買ってしまいそうだw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)