伊豆下田旅行 後編

2日に渡る海遊びの疲れもあって、午後は駅前へ観光に。平日だと夕方に閉まってしまう徳造丸で昼食を摂るつもり。ロータリーに駐車してる人もいるが、その出待ち?でしばらく動かなくなる。路駐も嫌だったので、結局もう少し進むと徳造丸の駐車場が見つかったので、そこへ停めて店まで歩く。直前に団体さんが入ってしまい、階段は結構な混雑。しばらく待たされるかと思ったんだけど、まだ入れるようで座敷に通される。階段から座敷まで、ずいぶんといろいろなものが飾ってある。

昨晩の磯一もびっくりするくらい美味しかったので、今回も期待値が高まる。この辺りは金目鯛がおすすめみたいで、ここも金目鯛系の料理が多い。せっかくなので嫁と2人でそれぞれ金目系の料理を頼んで、ゆっくりと食事を楽しむ。量が結構あったので時間かかってしまったんだけど、気が付くと待ち行列が大きくなっていたので、早々に引き上げる。子供たちも普段は海鮮系とか嫌がるんだけど、伊豆に来てからすっかり刺身尽くし。好きになってくれるのは嬉しいんだけど、舌が肥えると困るなw

外に出るとロープウェイの看板が目に入る。ちょうどよい散歩になるかなあと皆で向かう。10分ほど待つとロープウェイが到着して出発。眼下に下田の街並が広がっていく。山頂駅に着くと海が一望できるお店に繋がる。外に出ると展望台や迷路などと書かれた看板がたくさん。思った以上に山頂の公園が広いみたい。各所のスタンプを集めると、ご褒美がもらえるらしく、子供達はスタンプシートをもらう。迷路がやりたいというので、降る方向の道を進んで公園を周り始める。

アンデルセン公園のときも感じたんだけど、こういう広い公園を周るのとか子供はシンプルに楽しんでくれる。特にうちの子は体を動かすのが好きなのか喜んで走り回る。迷路を抜けて、森の小道を進むとお寺がある。輪っかの間を通す玉投げもここで出来る。なかなか通せないけどね。寺をあとにして花咲く道を進むと展望台があったり、見張所があったり。そうか、太平の眠りを覚ます蒸気船はここに来たのか、と感慨深い。気が付くとスタンプも全て貯まって最初のお店に戻ってくる。

アイスを食べながら降りのロープウェイを待つ。結構暑かったから店舗内が涼しい。麓に戻ると、お土産を買ってホテルへ撤収。お風呂を済ませて夕食へ向かう。下田みなとの道の駅にある回転寿司魚どんや。ちょっとのんびりしちゃったとはいえ、開店前には着いたんだけど既に結構な行列。すごい人気だ。疲れもあって動けないし、大人しく待つこと1時間くらい。やっとカウンターに案内される。5人家族だからカウンターは始めてなんだけど、テーブルだといつになるかわからないしね。たっぷり新鮮なお寿司を堪能しました。

最終日は台風来るかもという時期だったので海水浴は諦め。疲れもあったし、3日目はもともと観光するつもりだったし。朝食を済ますと下田海中水族館へ向かう。つい先日品川のアクアパークに行った気もするんだけど、他に良さそうな場所を見つけられなかった。もう慣れてきた駅前を通って意外と細い道を進んでいく。本当にこんなところで合ってるのかなと不安になった辺りで看板が見えてくる。のんびりしちゃったので、奥まった第4駐車場に案内される。人気あるんだね。

入ったところから子供たちにあまりやる気がなくて、せっかく来たんだから見ろよみたいな怒り方しちゃったんだけど、今思うともう皆疲れてたのかもな。反省。早めの昼食でイルカのショーが見れたんだけど、子供たちはあまり興味なさそう。この子たちは座って大人しく何かを見るとかダメなんだと覚えておこう。動いたり触ったりすることがとにかく好き。一通り水槽を見て回った後で、ドルフィンウォッチングボードに乗る。やっぱりこういうのはすごく楽しそう。イルカを追いかけたり、嫁のボートを追いかけたり。

台風の状況も心配だったので、少し早いけど水族館を後にするも、お土産屋さんで足止めを食らう。まだ明るかったので、まどが浜海遊公園に立ち寄る。鬼ごっこしたり、かくれんぼしたり。うーん、走り回るの好きだなあ。気が付くと仮眠をとっていたくらい気持ちのよい天気。海辺は風がすごいんだけどね。しばらく遊んだところで、いよいよ本格的に帰路。途中で道の駅にもよったんだけど、思ったより道の駅って楽しいことがない。平日だからか、店もあまり開いてないし。

伊豆中央道を抜けて東名高速に戻ると、行きに寄れなかった足柄SAで休憩。よく見るとお風呂もあるのか、ここ。皆で夕食を済ましてお風呂を探しに行く。横浜の方が渋滞っぽいからのんびりしてっちゃうつもり。建物をずっと進んでいくと本当にお風呂があった。水風呂もあったので、いつも永久ループでのんびり楽しむ。あがるとマンガも読める休憩スペース。はい、仮眠仮眠。いつも疲れているんですよ。子供たちがあくびしだしたところで、車に戻って撤収。渋滞も解消していてスムーズに東京へ帰れました。旅の選択肢が1つ増えたな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)