東京サマーランド 日帰り旅行 2016年8月

昨日、毎年ほぼ恒例となっている東京サマーランドへ行ってきたので写真付きで感想を。日付から想像付くかもしれないが、奇しくも切りつけ事件のあった当日の来園となってしまった。それはそれで記録しておきたいが、まずはいつも通りに順を追って。我が家の夏のプール旅行は泊りがけの大磯と東京近郊プール施設への日帰りの、2段構えが通例となっている。前者は水の苦手な長男の特訓狙いなのだが、後者の発端は長男が3歳の頃に遡る。

P1010709

次男を身籠っていた嫁が動けないので、自分が1人で長男の夏に付き合うことに。まだ、育児に慣れない自分は既に5歳の娘がいる妹に相談、一緒にサマーランドへ行くこととなった。妹家族の旦那と次女も直前で都合悪くなり、4人で初めてのプール遊びだった。そこから毎年行くようになり、西武遊園地プールやレインボープールなども連れて行ったが、子供たちの成長と共に最もアクティブに楽しめるサマーランドが定番化していった。最近はもう1人の妹夫婦も東京に戻ってきたので、3家族13人での一大イベントとなっている。

7月21日は当日まで天気が読めない状況だった。少なくとも前日は雨だったし、当日も台風襲来の予報となっており、延期が濃厚。起床するとびっくりするくらいの晴天で、神に感謝する子供たちが微笑ましかった。今年も地の利がある妹夫婦が未明にサマーランドへ先行。自分達も若干遅れの7時に自宅を出発。順調に高速を飛ばしているところで、妹夫婦が駐車場1列目に停められたとの連絡。8時前にサマーランド到着。第1駐車場の埋まり具合が半分を超えたくらい。天候が読めなかったので見合わせた人たちも少なくなかったのかも。

P1010733

既に妹夫婦が子供プール前のレストスペースを確保。去年と同じ場所で合流する。食事抜きで来たので、子供たちと一緒に朝食。8時半には次女妹夫婦も到着。子供たちは噴水のある通路の方で水遊び。9時前には子供プールに併設されているスーパーモンキーフロートに並び始める。9時と同時にモンキーフロート挑戦!何とか落ちずに渡れたけど、体中が悲鳴をあげるねw 子供たちは大喜びで何週もしていた。しばらくは空いていたので5週くらいしていたような。

P1010725

それに飽きてくると今度は皆で流れるプールへ。13人もいるともはや誰がはぐれているかもよくわからない。途中の水が飛び散るアクアファンに立ち寄るも、末娘はいきなり大きなバケツからの水を浴びてしまい、すっかり怯えてしまう。ぽつぽつと飽きた子が集まったところで流れるプールへ戻る。ちょうどはぐれていた子たちとも合流。水温が低かったのか唇が青い子が何人かいたので、温水のスプリングハウスで回復。1度温まるともう戻れないなあw

P1010741

休憩所に戻ると時間は11時前。朝食からそれほど時間が経っていないが、混むと面倒なので長男次男を連れて八王子ラーメン。本当にラーメン食べさせておけば文句言わない。ここでもiD使えて現金の心配せずに済み、助かる。残すかと思ったけど体力使ってたからか、しっかり完食。食後は天気が崩れる不安もあったので遊園地スペースへ。近場のボートは90cm以上なので末娘も乗れて、家族5人で楽しむ。続いてうるさい長男のバイキングに3回付き合う。次男は1回でリタイア。前回見合わせたジェットコースターにも乗っておく。長男曰くすぐ終わるから物足りなく、バイキングの方が楽しいとのこと。

P1010793

そろそろ戻って他の家族と合流しようと休憩所へ。戻ると13時、ちょうど屋内施設の方へ移動するところらしく、うちの子たちも連れて行ってもらう。末娘も嫁と一緒に付いていく。むむ、休憩所に1人。折角なのでちょっと昼寝。何かの水しぶきに起こされて、気が付けば14時過ぎ。毎時定例の波のプールの大波が14時の回で終了とのアナウンス。マシントラブルか珍しいなと思いつつ、今から行っても間に合わないし、付き合えばよかったなと後悔。このとき波のプールで事件が起きてるとも知らずに昼寝を続ける。。。

P1010735

14時半過ぎにゴーグルがないと言って次男が戻ってきたので一緒に探す。彼は大磯でもゴーグルをなくして何故かクーラーボックスから出てきたりしていた。一応、クーラーボックスも探すがさすがにない。遊んでいたフルーツアイランドに戻って探してみる。監視員に相談したところ、屋外のライフガード待機所に行ってみてと言われて見に行く。見せてくれた落とし物の中にそれらしきゴーグルがあったんだけど本人は違うと。頑なに絶対探すと言い張る次男と嫁が再度見に行って、これに間違いないと受け取ってくる。次男は少し納得していない風だったが、子供たちがスーパーモンキーフロート行くというと、けろっと付いて行ってしまった。

P1010714

子供たちが帰ってくると15時半。3家族での夕食を18時に予約しているので、遊園地行くなら今だよ、と再びバイキングへ。何回乗るんだw 今度は嫁がそちらへ付き合い、自分はまだ泳ぎたいという末娘と2人で流れるプールへ。半周もするとまた唇青くして抱っこというので、ほぼ抱っこして散歩しただけ。寒くなるから遊園地行こうと休憩所に戻って着替え。時間は16時半。バイキングに付き合いきれない嫁がニュースでも見てたのか、切りつけ事件の速報URLをLINEで送ってくる。14時で大波が終わった理由に納得。

波のプールの混沌さはどこかの動画で洗濯機と揶揄されていたほど。自分も出来れば付き合いたくなくて昼寝をしていた訳だし。こんなことあったから次からは絶対付き合うけど。残念な事件が起きたものだと思いつつも、少ない時間で末娘と乗り物を楽しむために急ぐ。気に入っていたボートに乗って、次はコーヒーカップ。終わったところで次男が乗り物に酔ったと嫁から連絡。嫁に合流して次男を引き取る。嫁は末娘を連れて引き上げ支度へ。しばらくトイレ前で休んでいたが、引き上げ目安の17時半が近付いてきたので休憩所へ。長男はぎりぎりまでいとこと遊んでいたようだ。

片付けをしながら切りつけ事件を知った大人たちで状況を思い返す。何せ自分を除く12人が14時の現場に居合わせていた訳で。泣いている女の子を見かけた嫁は水着が外れてしまったのかと心配していたそうだ。他の被害者たちもまさに隣で波を楽しんでいたとのこと。妹の旦那は血を流している女の子を見かけたと言っていたし、私自身も事件直後に次男とゴーグル探しに屋内施設へ行ったので、担架通して下さい!と監視員の方がものものしく対応しているところを見ていた。身近でこれだけの事件が起きてしまうのは本当に残念な出来事だった。

荷物をまとめ終わると帰りのラッシュに先行しようと足早に駐車場へ。ゲート付近で警察が荷物チェックをしていて、事の重大さを改めて認識。出口前には多くのマスコミが集まっていた。非常にバタバタしている中を、限界気味の嫁と子供たちを連れて退散、18時に予約した寿司屋さんへ向かう。妹夫婦から時間通りに入れたと連絡。少し遅れて自分たちも到着。女性陣7人と男性陣6人に分かれて夕食。次男はしばらく調子悪そうにしていたが、最後の最後に納豆巻きとキュウリ巻きを食べてくれて、一安心。

夕食が終わると皆で記念撮影をして解散。うちは途中で子供たちが寝ちゃうだろうからと、どこかお風呂屋さんに寄っていくことに。帰りの高速が渋滞10kmってなっているのも帰りたくなかった一因。適当にぐぐっていると嫁が高尾の湯ふろっぴぃという施設を発見。8kmほどあったが即断。泊まる気まんまんだった末娘がやっぱり泊まるんじゃんとニコニコ顔w ごめん、今日は日帰りなんだよ。。。迷うこともなくふろっぴぃへ到着。割りと車は停まっていたが、お風呂自体は空いていて快適。

DSC_0030

ただ温度が熱過ぎで子供たちには入れない湯もあった。私自身は水風呂が好きで、この日も子供たちとはしゃぎながら入る。水風呂で冷やすと子供たちも熱いお風呂にも入れるようになったようだ。乗り物酔いした次男に何考えてんの!って後で怒られたけど。薬湯というのもあって効能を読み上げていると、その中の『ひび』に長男が反応。パパの膝の怪我も治るかも!と大喜び。バスケのせいか膝の半月板を損傷しているんですよね。幸い痛みはないので運動は続けてるけど。絶対治して欲しいからと長男に薬湯漬けにされました。本当いい子。

さすがにこれだけ盛り沢山の一日だったので、帰りの車で3人とも熟睡。高速も既に通常に戻っていたようで、あっという間に帰宅できた。帰路、もう7年も続けているこの合同プール企画があと何回できるかなという話に。再来年にはいとこのお兄ちゃんが中学受験。その翌年にはいとこのお姉ちゃんが高校受験。うちの長男ももしかしたら中学受験?そう考えるとじわじわと彼ら自身の人生の戦いが始まってきているだなと少し寂しい気持ちに。少なくとも来年は何も考えず楽しめるようにサマーランドさんの改善を期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)