町田リス園で餌やり

最近、息子(2才)の行動力と共に物事に対する認識力がめきめき向上している。それは寧ろ言語能力の成長によって、私たちが把握できるようになっただけなのかもしれないが。元々、好きなキャラクターについては喜ぶ反応をしていたしね。ここのところで特に興味を示していて、且つきちんと見分けがついているのが車や動物。方向性としては普通の男の子ぽいのかな。車については自動車での移動中などに、知っている車が走ると騒ぎ出す。折角なのでこの機会に、変形が面白い車の呼称について現在の息子語を記録しておこうと思う。

  • パトカー → カコカー
  • 救急車 → クークーシャ
  • 消防車 → パシャ
  • ショベルカー → プルカー or キルカー
  • ロードローラー → ドードーダ
  • クレーン → キレーン (キリンと混ざってるかも)
  • ミキサー車 → ティカシャ
  • 道路清掃車 → ドーシシャ

そんな訳で、そろそろ動物園デビューを検討中なんだけど、まずは小動物などで様子を見るために、主題の町田リス園へ行ってみる事にした。場所的には都内から20km強くらいで思っていたよりも近い。ウェブでググった感じだと、シーズン中は駐車場が厳しめという口コミもあったけど、朝早かったからか(それでも9時出発)道中も駐車場も混雑とは無縁で快適だった。駐車場は専用のものではなく、近くの薬師池公園用の駐車場に停めるようだ。広めで停め易かったけど、屋根なし無料(出入り自由)なので気になる人は注意かな。

園内は大きく分けて2つのスペースになっていて、ケージ内のうさぎやモルモットに餌をあげられるエリアと、たくさんのリスが放し飼いにされているエリアという構成。早速、放し飼いエリアで餌あげにトライ。渡された肘まである手袋をして餌を見せると10匹前後のリスが襲い掛かってくるw 肩にもカバンにも勝手に乗ってきて餌を狙う。もう一方の手にある餌袋そのものを狙ってくるものもいるので、なかなか賢い。子供も最初は怖がってたけど慣れてくると、リスを覗き込んだりしていた。そこをビデオ撮影するつもりが、操作ミスによる痛恨の録画失敗。残念ながらもリス達から逃げようとすると、ここでまさかのテイク2(≒撮影し直し)w 餌を買い直して再度リスと戯れたもおかげで、すっかり両腕が傷だらけに。

リス

リス

そういえば大きな陸ガメも何匹かいたね。近くの地面に血が付いていたけど・・・w

陸ガメ

陸ガメ

その後ケージエリアに戻って、うさぎやモルモットに餌やり。集金箱に100円入れて餌を頂くのだけれど、相当気に入ったみたいで餌がなくなり次第おかわり持ってくるほどw ※急いでお金払いに行きました。食い付きよいので、子供の指を噛まれないように注意。但し、午後近くなるとお腹いっぱいになったのか、餌に見向きもしなくなる。最後に、触れ合いコーナーでモルモットとうさぎを借りて抱っこ体験。残念ながら怖がって抱っこそのものはできなかったけど、何とか撫でる事はできた模様。以上2時間くらいで園を跡にしたが、内容的には充分満足出来た。まだ時間があったので近くの薬師池公園を少し散歩してみたが、ここは思ったよりもアップダウンが激しいので子連れは大変かも。他にも大きめの公園が近くに見えたけど、空腹に負けて次回以降の楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)