自力でタイヤ交換 Vittoria CORSA レビュー

もう5年近く乗り続けているFeltのF55。数年前に初めてタイヤを交換したんだけど、このときは自転車屋さん任せだった。それほど乗り慣れていなかったので、このときは安全性重視の商品での交換をお願いしたんだけど、結果的にはこれが大不満。それまでに比べて明らかにペダリングが重く感じるようになり、実際のスピードもかなり下がってしまった。正直、タイヤの選択でここまで変わるとは思っていなかったので、もっと調べるべきだったと後悔。とはいえ、せっかく買い換えたタイヤなので使い切るまで履き続けていた。

それから、また数年が経過して買い換えたタイヤもかなり頂点がすり減ってきた。いよいよ2回目の交換、今回は何とか自力で交換してみたい。ネットでよさそうなタイヤを調べてみると、幾つか定番のものが見つかる。F55の場合、もともとはVittoria Rubino Proというタイヤだったようだ。それが現在はPanaracer RiBMo Sという製品に交換されている。これはこれで安定感のあるタイヤだったのだけど、一度体感したスピードが失われるというのは、耐え難いストレス。以前並のパフォーマンスを期待してVittoriaの製品に戻す。

Vittoriaの製品も幾つかあるんだけど、その中でもわりと最近のもので評判のよさそうなVittoria Corsaという製品に目が止まる。自分には高価過ぎる製品かもしれないが、この数年間遅いタイヤに耐えてきた反動で、とにかく少しでも早そうなタイヤにしたいという気持ちが強かった。早速ネットで、お買い得感のある2個セット商品を購入。数日後には手元に届く。すぐにでも交換したい衝動を抑えつつ、ネットでタイヤ交換手順を調査。長い時間の取れる土日を待つ。

いよいよ交換当日。まずは既存のタイヤを外す。後輪の方が難しそうなので、そちらから。ばねをなくさないようにクイックリリースを外す。ブレーキ脇にあるレバーを曲げると後輪を外せた。空気を抜いた後、チューブに傷付けないよう慎重にタイヤレバーを差し込む。こんなんで本当に外れるのかなと不安になりつつ、2つ目のタイヤレバーを差し込む。それを力一杯スライドさせていくとあっさりと外せた。何とかできるもんだね。外したタイヤを脇に置いて、Vittoria Corsaを取り出す。

Panaracerのタイヤ然とした構造に比べて、Vittoria Corsaはフラットなタイヤが折りたたまれている状態。こ、こんなものがホイールにはめられのか?また、間違ったものを買ってしまったでは?と不安になる。やるだけやってみようとはめ始めると、徐々にホイールに収まり出す。ほっと安心するも最後の数10cmがどうしてもはめられない。怪力があればできるなんていう固さではなく、またも絶望。ネットの情報を頼りに、空気入れがあるところからはめていったり、入らない部分が別のところになるようにはめ直したり。

このとき、ついでにチューブを噛んでいないかを何度もチェックして直しておく。万一入った時にもう一度外す羽目になったら目も当てられない。四苦八苦するも一向にはまらず、近くの自転車屋に持っていくことが頭に浮かぶ。しかし、誰かが出来ることなら自分でもできるはずと邪念を振り払う。通算30回くらい絶望したところで、入らない部分をタイヤの反対側に目一杯押し込んでみると、するっと入ってしまった。こ、これは、手順を確立できたのかもしれないという光明が。

安心も束の間、続いて前輪に挑戦。1つ出来たから少しは気が楽。同じように空気を抜き、タイヤを取り外す。2つ目なのに、またもタイヤの取り付けに手間取るが、しばらくするとはまり出す。案の定、最後の数10cmがはめられない。先ほど成功したのと同じ要領で押し込むが全然入らない。さっきの成功は偶然の産物か。。。2つ目ということもあり、握力が限界で力が入らない。この隙にチューブを噛んでないか直しておく。どうしても直らない部分があったので、一度完全に外して付け直す。入ってからやるよりは100倍ましなはず。

握力を絞り出すも、1つ目をやったときの力を出せないのがきつい。こちらは諦めてタイヤレバーを使ってはめてみる。本来外す際に使うタイヤレバーだが、チューブに注意しつつ、はめ込む側に押し込んでみる。何度かやっていると、ずぶっと入ってくれてガッツポーズ。何とかどちらも自力で取り付けることが出来た。しかし、2度とやりたくないというのが正直な感想。タイヤ2つはめるだけで、3時間を費やしていたしね。前輪も戻して軽く試乗してみると、ブレーキが利かずに焦る。後輪をはめるときにブレーキレバーを戻すのを忘れないようにね。

数日後に数10kmのライド。かなりの期待で走り出してみると、まるで氷の上を走っているかのよう。誇張ではなく。元のタイヤが重過ぎたのかもしれないけど、本当に呪いが解けたかのように軽快に走れるようになった。Panaracerになってからは平地で40km/hとかお目にかかることはまずなかったが、Corsaならちょっと頑張ればすぐ到達する平均しても2〜3km/hは常に増したように感じる。同じスピードでも足の消耗が軽いしね。。取り付けにはすごい苦労したけど、それに見合うパフォーマンスのCorsaを当分使い続けていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)