萩中公園(通称がらくた公園)へ

今年はシルバー・ウィークという事で5連休となっている。混雑が嫌いな我が家は、連休は余り旅行に行かない。割と自由に休暇が取れるから、という理由もあるが。とはいえ、折角の5連休をのんびり家で過ごすのも勿体無い。1日に2箇所でバスケやるという狂った予定もあったりするけど(計6時間)w そういう訳で、乗り物大好きな息子のために良さそうな場所を探す。特に工事車両の中でもロードローラが大好きなのだが、おあつらえ向きに引退したロードローラが遊具として置いてある公園を見つけた。そこはロードローラだけでなくブルドーザや消防車、機関車まであるらしい。

それが主題の萩中公園で、羽田空港近くにある。行程は20km前後で環八で向かう事とした。連休中日という事もあり、道路は混雑が予想されたので、多少裏通りで迂回しつつ、90分程度で現地へ到着。しかし、公園付けの駐車場は数十台程度の行列。予め覚悟していたので、道中幾つかその他の駐車場を見つけておいた。公園駐車場より少々高いが、あっさりと近場のコインパーキングに停車、歩いて数分で公園に辿り着いた。公園にはいきなりロードローラやブルドーザなど。『ロードローラのんの』と常に無茶を言っていた息子の夢が実現する事にw

他にも消防車やらトラックにボートやジープ、機関車までたっぷり堪能してもらい、公園でそのまま昼食。あとで気付いたのだが、併設されている交通公園の脇に休憩所みたいなところがあったので、そこで食事する方がよかったかもしれない。交通公園というのは、主に小学生くらいの子供たちが交通ルールを覚える為に自転車などで遊ぶ場所。幼児向けにも、足蹴り車や三輪車、足こぎ車などが用意されている。目の色変えて乗りたがるので遊ばせる事にしたが、タイムリミットの16時までわずか数分だったので、泣く泣く諦める事となった。交通公園は都内にも幾つかあり、うちからすぐの場所にもあったので、翌日そちらでリベンジ出来たw

さて、せっかく羽田空港近辺まで来たので、展望デッキで飛行機を見ていく。幸い駐車場待ちは10台程度で、すぐに第一駐車場に停車できた。デッキまで上がると飛行機の発着が一望出来る。大きなカメラを抱えた撮影目的の人も多いようだ。うちの子はというと・・・文字通り踊って喜んでいるw 子供って本当によく踊るんだねえ。ここでふと、ある事に気付く。新型インフルの流行で空港を警戒し、飛行機旅行を諦めたはずが、普通に空港に来ちゃってる事にw 少し警戒心が緩んでたのもあるけど、次回の旅行は『飛行機のんの』を実現させてあげる事で決定した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)