軽井沢旅行 後編 2016年8月

軽井沢旅行2日目の午後はおもちゃ王国を訪れた。朝からやってる遊園地に悠々と昼から来たので周辺は既に空いていた。が、駐車場が埋まっていて第5駐車場に。臨時入園口が開いているので、そこまで遠くは感じないが、第3駐車場辺りに停められると楽。駐車線が曖昧で空いているスペースに停めちゃっている車もあったので、適当に停めてしまってもよかったのかも。おもちゃ王国に入ると、ます釣りやアスレチックを楽しんでいるのが目に入る。まず食事を済まさないと機嫌悪くなりそうなので、飯屋を探して遊園地スペースの方に向かう。

P1020334

名前からの想像よりもちゃんとした遊園地だったことに驚く。こんなにアトラクション多いのか。食事スペースが広いのですぐにテーブルを確保。やきそばやらフランクフルトで腹を満たす。長男は早々に食事を済ませてドラゴンコースターを乗りに行く。下の子たちも食事を終えると長男を見つけてアスレチックへ。ヘルメットや肘膝のパッドをセルフで準備したら入り口に並ぶ。この時間はそれほど混んでおらず、準備できたらすぐ入れそう。係員から注意点の説明を受けて中に入る。30分の時間制限を告げられるが、おそらく紳士協定。それでも皆さん時間を守っているから日本人って行儀いい。

末娘には嫁が付いて行ったので、逆側に向かう長男次男を追いかける。くもの巣ネットを超えて、ウォールクライミングを登り、きのこの見張り台へ。ちょっと見渡すとすぐに次。忙しい。戻ってターザンが出来るジップロープに並ぶ。少なかったので長男はすぐに乗れた。次男はようがんの家が見たいと列から外れてしまったので戻ってきてから並び直す。何人か並んでしまったのでしばらく待ってから次男も乗る。こういうとき、空いてるから先にこっちやるとか、そういう合理性は幼稚園児にはまだ無理なのかな。。。待ち時間で長男はハイジブランコにも乗る。

P1020360

幾つかの滑り台が調整中で使えず、滑り台好きの末娘としては残念。まだ行ってないところを探すと回り込んだところに断崖絶壁があった。大人の身長の倍くらいはある壁を子供達が楽しそうに登っていく。登っては回って戻って、また登ってと繰り返していると、いつの間にか次男だけしかいない。急いで探しに行くと、悪びれも無く吊橋を渡っている長男と末娘を見つける。勝手にいなくなるなよとたしなめるが、わかってなさそう。そのまま進んで海賊船に3人で乗って遊ぶ。揺らしてと頼まれるが、あまり揺らすなと書いてあるし。それが終わると約束の30分を使い果たした。

P1020359

アスレチックが終わると今度は遊園地へ。ドラゴンコースターを皆で乗る。4歳になったばかりの末娘も親同伴で乗れる。次はちびっこ宝島という名のコーヒーカップ。続いてリンドバーグという回転系のアトラクション。この辺りでポツポツした雨を感じるようになる。乗り終わると急に雨足が強くなりそうだったので、おもちゃのお部屋へ避難。末娘はリカちゃんハウスで大満足。長男次男はトミカ・プラレールランドへ連れて行くが、すぐに飽きる。雨も弱まったので男3人で乗り物へ。何度も乗ってるドラゴンコースターばかり。

P1020398

さすがに他のも乗ろうと空中自転車へ向かう。しかし、身長的に次男は親同伴が必要。仕方なく長男は1人で次男と自分が続く。1人の長男を盛り上げようと追いかけるから逃げろよとけしかける。機嫌悪くなりかけた長男も追いかけっこを楽しんでくれた。あと乗っていないのはゴーカート。これも3人だと乗りづらそうなので係員に相談。自分が2周して子供2人乗れるように調整してくれるとの事。喜んで3人で乗る。わりと自由に走れる感じで楽しいと思ったのだが、スピード狂の長男はもっと速いかと思ったと不満そう。何km出すつもりだ。。。

P1020435

ゴーカートが終わるとまた雨っぽくなってきたのでゲームセンターに避難。もう17時前の閉園時間。最後に長男がよくやりたがるエアホッケーがあったので、たまにはと3人でやってみる。意外とっていうか、すごい面白いw このゲームってこんなに盛り上がるんだなあ。長男対次男自分ペアの勝負は7対5で長男の勝利。シュートが入ってもカウントアップされないときがあったけど。楽しく園を後にしようとしたそのとき、買ったばかりのスマホがないことに気付く!別行動の嫁に連絡を取ることも出来ない。電話しようか?と長男がキッズケータイを取り出す。ナイス長男!

P1020427

スマートバンドのvivosmartが不規則にスマホとの接続/切断を繰り返していることはうっすら気になってた。しかし、アトラクション中にウエストバッグを預けたりしていたので、スマホとの距離が開いて切れたのだろうと思っていた。その後、ウエストバッグを腰に付けたはずなのに、まだ切断を繰り返していたけど。ともかく係員の人に相談して探す。もう閉園時間だったので自分たち以外に残っていない。空中自転車とゴーカートの辺りでvivosmartがスマホに繋がるので、その辺りを探すが見つからない。空中自転車の2階乗り場も見せてもらうが落ちていない。

vivosmartは相変わらず繋がるし、長男からの電話もかかるが誰も出ない。多分、まだこの辺にあるはずなんだけど。嫁のスマホを使って自分のGoogleアカウントでログインしてスマホを探す機能を使ってみる。やはり近くにありそう。見兼ねた係員の方たちが集まって皆で探してくれる。申し訳ありません。。。ベテランそうなOさんが、見つからない時は植え込みから出てくることが多いんだよねえとぼやく。そこらに落ちてたら誰かしら拾うはずだからと。一理ある。

vivosmartの接続感覚では少し異なる場所なのだが、空中自転車コース下にある大人の背丈ほどの植え込みを見渡す。あれ、聞き慣れた呼び出し音が!絶対この辺にある!皆に声かけると係員の方たちも集まってくれて一斉に探し出すと、まもなくありました!との声。うおー、ありがとうございます!!おそらく空中自転車に乗ってる時に落ちたんだろうけど、そのまま落ちたら数mはある高さ。幸い植え込みに落ちたおかげで盗られもせず傷付きもせず、手元に返ってきた。長男はなくしたことへのショックか見つかった安堵か、泣き出してしまった。大いに反省します。。。

P1020451

見計らったかのように雨足が急激に強くなり、若干濡れながら車へ戻る。もう自分たちの車だけ。探すのを協力してもらったお礼に美味しいものを食べに行くことに。軽井沢方面へ戻って18号沿いにあるステーキ虎杖へ。それはもう驚くほどおいしかったです。値段相応に!発見料2割くらい払ったような気が。。。この日も夜はお風呂屋さん。せっかくなので昨日とは別のところ。星野エリアを少し超えたところにある千ケ滝温泉。

P1020453

一本中へ入ると真っ暗な道が続く。不安に思いながらもやがて広い駐車場が見える。時間が時間なせいか、非常に空いてそうだ。お風呂の綺麗さで言えばとんぼの湯が上だが、こちらもなかなか広くてゆっくり楽しめる。水風呂は古い湯船みたいな狭さだが、子供たちは楽しかったようだ。雨でお風呂以外を楽しめなかったが、天気がよければ庭に出て楽しむことも出来るのかも。そういえばと、この日は長男の目のアレルギーが出ていないことに気付く。まったく痒くなかったらしい。うーん、上里が悪かったのかなあ、謎。この日も力いっぱい遊んだのでコテージに帰ってすぐに寝る。自分の発熱もなかったので、ちょっとだけ旅の夜を楽しんだ。

旅の疲れのせいか、最終日は早く起きれなかった。降り続いた雨が一瞬止んで期待してしまったが、しばらくするとまた降り出す。最終日運のない自分たちは今回も雨だ。3日間雨でもおかしくない予報だったのでマシな方だったんだけど。大降りになる前に自転車をホテル前に移動させようと準備。次男のナンバーロックが暗くて番号見えないため、ロックした嫁に解錠を頼む。2人とも鍵持ってないし。久々に部屋から締め出されて、とりあえずホテルへ移動してフロントで解錠を依頼。雨も強くなってきたのでカートでコテージに戻って開けてもらう。それから遅くなった朝食に向かうが、雨も手伝って大混雑。ビュッフェは諦めて和食の信濃に変更。子供たちは口に合わなかったのか食が進まない。やっぱりビュッフェの方が喜んだかなあ。高くついたし、いろいろ失敗。

P1020470

食事が終わると急いでチェックアウトを済ませて、10時半に長男待望のウォールクライミングへ。え、やらないよ?とか嘯いていた末娘も靴を履かすとやる気が出てきたみたい。ほとんど末娘のサポートで終わったが、30分ほど家族での運動を楽しんだ。そろそろホテルとの別れ。自転車をばらして積み込み、スーツケースや他の荷物も運び込む。雨が止む気配もないので、午後はアウトレットモールでショッピング。Tシャツ&短パンだと寒いくらい。微妙にデジャブ。長袖買ったけど、一通り回ると寒さに耐えられず、温かいものをと中華へ。暖をとって元気を取り戻す。

DSC_0043

食後もしばらく回るが、それほど収穫はなし。長男次男はベンチでゲームやってるからあまり文句言わない。最後にカフェコムサでコーヒーとケーキ。17時くらいにそろそろ帰ろうかとモールを後にする。子供達がどうせ寝るだろうからと千ケ滝温泉へ。お風呂が終わると帰路。県道に差し掛かる頃に次男が軽井沢にお別れ言ってないと。まだ軽井沢だよと言ったけど
、確かにいつもはホテル出るときにバイバイしている。今回はホテルからの出発=帰宅でなかったから、バイバイし忘れた訳だ。次からは気を付けよう。

DSC_0050

高速に入ると、そろそろ空腹になったようで最初の横川SAで夕食。ここには電車の車両が食事スペースとして置かれている。少し(かなり?)狭いけど5人で食事を済ます。あとは自宅へ帰るだけ。次男と末娘はそうそうに就寝。長男だけは、ずっと起きていて話を続ける。関越最後の三芳で少し休憩を取るんだけど、それに付き合うのが長男の夢。かなり近くまで起きてたので今回は一緒できるかなと思ったけど、あえなく直前で寝てしまった。惜しい。三芳のファミマでコーヒーを飲んで目を覚ます。車に戻る道端で落ちているiPhoneを拾う。昨日の今日で何という巡り合わせ。スルーする訳もなく、ファミマの人に渡して車へ戻る。5人で初めての旅行らしい旅行、本当に楽しかった。軽井沢に後ろ髪を引かれながらも家路を急いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)