Monthly Archives: 6月 2009

FF14 発表

今月頭に電撃的に発表されたFF14。ファイナルファンタジーではFF11に続く2作目のMMORPGとなる模様。ネットゲームとしては、おそらくdiablo3やモンハン3と同等くらいのビッグタイトルになるだろう。本来であれば後継作の発表は手放しに歓迎されるものだが、FF11自体が膨大な時間を浪費する形で資産を形成していくタイプのゲームだったので、コミュニティ内では資産を貯め込んだ人ほど複雑な気持ちを隠せないようだ。私自身は何度かFF11を遊んだが、やはりレベル60オーバーの後半戦はパーティ組む時間やレベリングの長さに息が続かなかった。しかし、その過程の様々なイベントは印象深く、ゲームとは思えないような思い出になってる(良い仲間がいる前提だが・・・)。例えば、サポジョブのクエスト、ジュノー上京、久々の帰郷、種族装備収集、AF収集が代表的。... 続きを読む

NBA ファイナル 2008-2009

少し遅くなったけど、NBAファイナルが終了した。4強から復習すると、ウェスタンがレイカーズ対ナゲッツで、イースタンがキャブス対マジック。サプライズはマジックくらいであとは順当な勝ち上がり。マジックについては上位チーム同士での勝率が高く、KGを欠くセルティックスに対しても競り勝った。一方で、負傷者が続くロケッツは最後までレイカーズを苦しめるが、やはりコービーを止め切れず惜敗。図式としては文句なく最強のエースとなったコービーと、それを追う若手エース陣のカーメロ、レブロン、ハワードといった格好。... 続きを読む

小田原旅行(後編)

初日、解散後に宿泊先のヒルトンへ向かう。国道1号から海岸沿いの国道135号に出て、しばらく行った三叉路を山側へ入っていく。車のライトしか明かりのない山道をナビ通りに登っていく。強い蛇行が続く中、かなり細めの道を180度ターンするように指示される。少し入ってみたが、余りにも暗いので車を停めてナビを見直すと、車の位置が大きくズレこんでしまっている!怖くなってバックで元来た道へ何とか戻る。結局、その道を真っ直ぐ進む事でヒルトンへ辿り着けたのだが、下手すると怪談一歩手前だった自分達に青くなった。無事到着できたので、ネタで済んだけどね・・・。... 続きを読む

小田原旅行(前編)

世間を騒がしていたインフルエンザも落ち着いてきた(?)ようなので、GWに諦めた家族旅行を6月に振り返る事にした。場所は幾つか候補があったが、今回は妹家族の住んでいる小田原に決定。小田原と言えば、何と言っても北条早雲に始まる、後北条氏の小田原城。意外と近いにもかかわらず、余り行く機会もなかったので、一度は行ってみたいと考えていた。他にもまだ怖がるだけの海もあるし、妹家族には年齢の近い男の子と女の子がいるので、うちの子もきっと楽しめるだろう。宿は休養が一番の目的なので、大きなスパやプールが充実しているヒルトンに2泊する事にした。... 続きを読む

diablo2 ソーサレス育成

前回、インストールに成功したdiablo2。その過程は以前まとめたが、それ以降うちのブログへの誘導における主力となった。裏を返すと、未だにdiablo2をやろうとしている人が多いと言う事か。徐々に内容が明らかになりつつあるdiablo3の情報に触発されている人も中にはいるだろう。diablo3のムービーも幾つか見たが、物理エンジンを搭載したとあって、演出はかなり派手なものが増えている。物理エンジンの採用で先行したTitan Questをやった事のある人は、どこかにその面影を感じざるを得ない。いずれにせよ、diabloブランドの相変わらずの強さに驚きだ。... 続きを読む