Bリーグ 2017-2018 シーズン 開幕!

前年同様にNBAに1ヶ月先行して、2シーズン目となるBリーグが開幕した。今年はアルバルク東京のファンクラブにも入ったし、スポナビライブにも入ったし、本気でBリーグを応援するつもり。特に開幕後の1ヶ月はNBAを気にすることなく、Bリーグばかり見れる訳だから、たっぷり堪能しておきたい。会場にも見に行けるなら行きたかったんだけど、今年は代々木体育館が使えないそうで、ちょっとアクセスが悪くなってしまった。立川立飛での開催まで、もうしばらく待つことにした。

開幕戦は栃木vs三河戦がBSで放送されていた。アーリーカップではちょっと元気のなかった栃木がどうなることかと思ったが、結果から言うと快勝。三河の比江島や桜木のプレイも楽しみにしていたんだけど、あまり印象に残らなかったので、ほぼ栃木のペースだったのかな。この日は田臥のプレイタイムも充分で、新戦力となる鵤や喜多川もよいプレイが見られて、相変わらずギブスを欠くものの強い栃木が帰ってきた感じだった。アーリーカップの敗戦はたまたまだったのかな。

しかし、続くGAME2は同じようには行かなかった。スタートこそ出ていた田臥が急遽交代すると、序盤から三河ペースで試合が進む。1戦目では頑張った新戦力人もこの日は元気なし。比江島のドライブに引っ掻き回されて、ディフェンスが機能しなくなっていた。アーリーカップで負けた時も田臥のプレイタイムが割と短かったように記憶しているんだけど、田臥のいるいないでここまでチーム状態が変わってしまうとしたら、今年の栃木は波が大きいということになりそうだ。

スポナビライブに加入したおかげで、我らがA東京の試合も2戦とも見ることが出来た。お気に入りのチームの試合を全て見れるってのは初めての経験で本当に楽しみ。目当てのチーム以外の試合もダラダラと見続けてしまうからスポナビライブ恐るべし。A東京はアウェイでの戦いを2勝で開幕できたのは非常に喜ばしい。激戦区となった東地区チーム同士の戦いは苦しいものになるのはまちがいないので、他地区との戦いはどのチームも落としたくないというのが本音だろう。

A東京のGAME1は後半に向けてエンジンがかかってきて、大阪に対して充分な点差を作りつつ、そのリードを守り切る形で危なげなく勝利。途中、馬場の出場はあったものの得点はなくて残念。GAME2は大阪も修正してきたのか、前半を同点で折り返す。その後も重い展開で大きく突き放すことは出来ずに接戦が続く。最後は何とか逃げ切って勝利した辺りは、今シーズンの勝負強さを期待させてくれた。なかなか得点できないときの1stオプションが曖昧なので、エース田中やルーキーの馬場に局面を打開してもらいたい。

同様に開幕2勝でスタートした千葉は、やはり富樫の存在がすばらしかった。困った時のドライブや外角のシュートなど、本当に頼りになる。田中や馬場にもこれくらいの存在感が出てくると嬉しいね。東地区、最後の雄である川崎はまさかの黒星スタート。名古屋の早い展開とスリーポイントに後手後手となる展開だった。GAME2はオーバータイムまでもつれ込んだ結果、何とか川崎が勝利する。こういう勝ち方ができるチームはやっぱり油断できない。どのチームも開幕したばかりでプレイの重い選手もいるけど、徐々にエンジンかかっていく姿を見守っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)