CS放送 比較 ひかりTV vs スカパー光

月額費用削減の一貫で、長らくお世話になっていたスカパー光も見直す事に。並行してWOWOWも入っていたせいか、CS放送の利用率は極めて低く、ほぼ子供番組の録画のみという体たらく。以前はスカパーの月刊誌を買って楽しみなタイトルをチェックしていたが、それもいつの間にか億劫になってしまって、番組表で網羅可能なWOWOWを楽しむ程度になってしまった。要は少しでも手間の少ないサービスへシフトしていった訳で、スカパー光の月額費用は捨てていると言っても過言ではない状況だった。

同様の月額費用対策としてインターネット接続もフレッツ光からドコモ光に切り替える検討をしていた。その際にドコモショップにてひかりTVというサービスについて紹介を受けた。もともとは地上波とBS放送の再送信を含む有線サービスを大前提として考えていたため、IP放送は選択肢にならないと考えていた。CS放送は単一のチューナーでしか見られないが、地上波とBS放送は宅内のすべてのテレビで視聴したかったからだ。改めて整理してみると、再送信はフレッツTVというサービス枠で提供されていることを思い出し、それはそれで残したままCS放送だけを入れ替え可能なことに気が付いた。

ひかりTVは以前から存在するサービスにも関わらず、なぜいまさら興味を持ったかというと、まさにその月額コストである。ひかりTVはスカパー光に比べるとセットパックのチャンネルが幾つか減る事にはなるが、それを補って余りあるくらい安い。録画機器も含めて5000円超だった月額料金が1500円程度まで下げられる(※2年縛り)。IP放送になることで自宅LAN内に流れるネットワークのデータ転送量が懸念点ではあるが、この安さには抗えず、すぐに契約する事にした。

結果から言うと乗り換えそのものについての感想は大満足。スカパー光時代に気になっていた録画時のデジタルノイズが、ひかりTVにしてからは皆無(うちの問題かもしれないけど)。映像品質も並べて比較した訳ではないけれど、若干よくなったような気がするw 更にセットトップボックスST-3200上で参照できるひかりTV特集ページというのが非常に便利。※今はAM900という機器に入れ替わっているかも。


【送料無料 + ポイント20倍】【延長補償付】トリプルチューナー AM900

そのテレビで見れる特集ページでは、当月の一挙放送をまとめて確認する事ができ、全話予約も1クリックで出来てしまう。通常なら1週間以内の予約しか出来ないため、特集で番組の開始を知ったとしても番組表に表示される頃には忘れてしまったりする。その点、こちらの予約はずっと先の最終回まで個別に予約してくれる。個別予約なのでリピート予約のように完結したから削除などの必要もない。見たいコンテンツの確認や予約管理に時間をかけたくない人間にとっては非常にありがたい。

同様にして有料チャンネルを契約する際も1クリックで済み、直後からそのチャンネルの視聴が可能になった。まさにオンデマンド。この辺はIP放送ならではの一体感ある便利な仕組みに感じた。改めて両者の違いをまとめてみると、

  • 価格
    トリプルチューナーと標準的なパックセット合わせて5000円以上。ただし、Jスポーツがパックセット内で見れるのは珍しい。この点はスポーツ好きな人にとっては魅力的。ひかりTVは2年縛りがあるものの、同セットで1500円くらい。コスト・パフォーマンスは抜群。ただし、2年経過すると2年割りを継続することは出来ず、2500円になるらしい。

  • 映像面
    スカパー光は同軸ケーブルだったせいか、録画にデジタルノイズがちょくちょく入った。あるいはLAN経由で録画するというスカパーの仕様によるものなのかもしれない。いずれにせよ、ひかりTVにしてからはデジタルノイズが皆無。映像品質も上がったように感じる。

  • 予約作業
    スカパー光は雑誌を見て、気になるものを番組表で確認しつつ予約する必要があった。当然、番組開始の1週間前に思い出して予約する必要がある。ひかりTVはST-3200の特集ページから一挙放送特集を参照して1クリックで全話予約可能。また多チャンネルのCS放送においては、1話スタートするドラマやアニメを効率よく確認したくなるのだが、ひかりTVの無料配布誌はそれをよく理解した編集内容になっていて好印象。

  • オンデマンド視聴
    スカパー光はPC向けの専用サイトでコンテンツ購入やチャンネル契約をしてから、そのサイトのアカウントとチューナーの紐付け作業を行って閲覧可能になる。チューナでコンテンツ購入できた気もするが処理が重くてうんざりした記憶。ひかりTVはST-3200上で購入or契約してシームレスに閲覧可能。直感的で分かりやすかった。

  • ネットワーク
    スカパー光は同軸ケーブルなので、家庭内LANに干渉する事は一切ない。ひかりTVは放送波の配信にLANを利用するために、ノード間での干渉が起きうる。LAN上でネットワーク・トラブルがある場合は放送波の受信にも影響してしまう。

サービス面ではいい事尽くめだったのだが、実は自宅LANにおいてネットワーク問題が起きていた。。。詳細は次回にでも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)