Microsoft Surface Pro HGG-00019 購入

今年度から家内も諸々の作業にPCを使っていきたいということでPCの買い替えを検討。家内のPCであるVaio DUO 13は性能的には問題なかったものの、経年劣化のせいかキーボードを含むパームレスト部分に歪みが生じ、下部のパーツと剥離してしまっていた。おそらく充電池が膨張したせいで外装に異常を来したのだろう。長いことノートPCを使い続けてきたけど、こういう状態に至ったのは初めての経験なんだけど、保管場所が悪かったのだろうか。いずれにせよ、著しくタイピングしづらいので買い換えるしかないだろう。CPUはi7なのに。。。

今までは私と家内用にそれぞれPCを買っていたが、ほとんどのデータがクラウドかファイルサーバ上となった昨今、クライアント機への依存度が非常に低くくなった。今までみたいにこっちが私、そっちがあなたみたいなきっちりした分け方はせずに、2台共に家族用のアカウントを作って、みんなで2台のPCを使い回すような運用に切り替えるつもりだ。自分のPCは2階のデスクに置いてあり、家内のPCはリビングに置いてある。ちょっとした確認で、いちいち2階にPCを取りに行くのは面倒なので、リビングにあるPCが使えると非常にありがたいw

昨年頭にSurfaceを買ってから、その使い勝手に非常に満足しているので、今回も基本Surfaceから選ぶつもり。悩むとしたらSurfaceブランドの中で。Surface BookやSurface Laptopなど。ゲームがすっかりPS4にシフトしたことによって、PCでやることはターミナルとブラウザとメディアファイルの編集くらい。はっきりいってほとんどスペックは要らないだろう。そうするとSurface Bookはどうしてもオーバースペック。Surface Laptopは金額的にも選択肢になりえたけど、重さを考えると結局Surface Proに至る。

自宅での読書はFire HDを使うケースも増えてきたけど、改めてSurfaceをタブレットとして使うと非常に便利。少なくとも10インチクラスのタブレットを買うくらいならSurfaceで代用するのがおすすめ。そのタブレットたちに共通して不便に感じることが外出時にネットワークに繋がらないこと。もちろんスマホのテザリングを使えば繋がるんだけど、ちょっと手間取ったり、面倒だったりする場面は少なくない。そこでLTE対応モデルであるSurface Pro LTE Advancedにも興味を持った。

もともとLTE対応は気になっていたんだけど、法人モデルしか出ていなかったので諦めていた。今年になってやっと一般向けのモデルが発表されたので俄然やる気にw しかし、調べてみるとネットへの接続性は自力で開拓するような状況。そういう人柱も嫌いじゃないんだけど、ちょっとためらい始める。あとはバッテリーの持ちがPC並なので、利用時間をタブレット相当には出来なそうなのも二の足を踏む理由の1つとなった。というか、そもそも発売日が思ったよりも先なんだね。。。

標準的なSurfaceにしようと決めたところで、あちこちのショップで製品を物色。コストパフォーマンスの高そうなモデルを探す。Surface Pro4の時と同じく、Core i5のメモリ4GBくらいがちょうどよさそう。中古品も結構あって割安感が。しかし、タイプカバー同梱モデルとなるHGG-00019の存在に気付く。CPUは未経験のCore m3になるんだけど、以前から1度使ってみたかった。タイプカバーはPro4のものがあるんだけど、これで新しいものに交換できるし。古い方はオークションで捌けばいいだけ。

HGG-00019に狙いを絞って見回した結果、ちょうど歳末キャンペーンもやっていたヤフショで購入。何だかんだで、高額なものはヤフショで買うことが多いなあ。周辺機器は全て共用できるので特に何も買わず。自分としてはSurfaceドックさえ繋がってくれれば特に文句はない。Surfaceの2台持ちっていろいろ共有できるから、やっぱり資産効率よく感じる。そろそろ大幅なモデルチェンジとかありそうだけどね。数日後には速やかにHGG-00019が届いた。さすがに1台目ほどのワクワク感はなかったけど、しばらくはSurface2台の便利さを味わえるに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)