NBA & Bリーグ オールスター 2017-2018

今年も1月にBリーグのオールスターが、2月にNBAのオールスターが行われた。Bリーグの選手もだいぶ頭に入ってきたし、今年はスポナビライブでオールスターも見れるのでありがたい。まあ、そのスポーツナビもサービス終了が決まってしまったようで、来シーズンはBリーグを何で見るのか不明だけど。自分の場合はBリーグのシーズンパスを購入してスポナビライブを楽しんでいたのだが、どうやら3月頃に払い戻しが行われるようだ。残りのシーズンは無料で楽しめるらしい。

まずはBリーグのオールスターからなんだけど、有名どころの冨樫や馬場が負傷欠場。残念。馬場はダンクコンテストも出る予定だったみたいだし。チーム分けに東西は関係なく、ただ所属チームは同じチームになるようになっている。A東京メンバーも入っているB.BLACKを応援すればいいのかな。田臥や田中、竹内兄弟など。一方のB.WHITEは篠山、宇都、張本、アイラなど、こちらも日本代表に選ばれている選手の活躍に期待。特に宇都は期待のビッグガードだよね。

1Qはダンクや見せるシュートの決め合いで同点。2QはB.BLACK小林のスリーポイントが面白いように入って4点差で折り返す。3Qもわずか1点差という、思った以上に競ったゲーム展開。この辺で大きく差が広がると、プレイを楽しさはあるものの、勝敗については面白味がなくなっちゃうからね。勝負が決まったのは4Q。B.WHITEの比江島や小野がポイントを取り出して2桁得点差に。最後は得点王のガードナーやアイラがとどめを刺してB.WHITEの勝利。何だかんだで最後まで楽しめました。

一方のNBAは楽天TVでの視聴。スキルズチャレンジやスリーポイントコンテスト、スラムダンクコンテストもビデオで見れるのは初めての体験。しかもライジングスターも全試合見れる。これは嬉しい。いつもオールスター放送中のダイジェストで見るくらいだったからね。どちらも生では見れず、VODでの視聴となった。というか、思いっきり冬季オリンピックの時期と重なっているんだけど、この日だけはバスケを見るようにするのかね。それとも頑張ってどっちも見るのかなw

スキルズチャレンジはガード部門とビッグマン部門に分かれての予選。結局のところ、スリーポイントが早く入った方が勝ってるような気もしなくはないけど。決勝はガード部門からディンウィディーが、ビッグマン部門からマルッカネンが出場。近年のビッグマン優勢の流れに乗れず、ディンウィディーが終始リード。最後はマルッカネンのスリーポイントを打たすこともなく優勝を決めた。マルッカネンのスリーも確率高そうだけど、それまでに差が付き過ぎちゃった感じでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NBA 2K18 PS4版
価格:6350円(税込、送料無料) (2018/3/1時点)

スリーポイントコンテストはびっくりするくらいゴールに嫌われる流れが続く。特にベテラン勢のポール・ジョージ、ラウリー、ゴードンと不調が続く。そんな中でも18点以上を記録した、ハリス、ブッカー、トンプソンで決勝。ここでブッカーが28点という記録的なスコアを叩き出す。これにはトンプソンもスイッチが入ったのか、猛追撃を見せるが、最後若干息切れして25点に終わり、ブッカーが逃げ切りの優勝。ベテラン勢の活躍ももう少し見たかったね。

スラムダンクコンテストは親子優勝の目指すラリー・ナンスJr.と、小柄ながらも高い運動能力を見せるドノヴァン・ミッチェルの一騎打ち。両者とも何度も50点満点を弾き出す好ゲーム。4点差を追うナンスJr.がタップからのボスハンドダンクで50点を取ると、ミッチェルは全盛期のカーターをコピーした後方回転からのウィンドミルダンクを決めて48点をもぎ取って優勝。毎年見てると目が肥えてしまうような気もするけど、これも何だかんだで最後は盛り上がっちゃう。

ライジングスターはいつからか、US勢対それ以外みたいな対戦。序盤からワールド勢が高確率でフィールドゴールを決めてしまって点差が付いていく。特にスリーポイントの成功率で明暗がはっきりして、ワールドチーム優勢でゲームが進む。改めて海外勢はスリーポイントが上手なんだなと見直す。というか、本当にスリーポイントが入らないと勝てない時代になってきちゃったね。ボグダノビッチやマレーの活躍で終わってみれば30点差。ワールドチームの圧勝でした。

そして本戦となるオールスター。こちらは東西関係なく、同じチームでも分かれるみたい。チームレブロンが、デュラント、ウエストブルック、カイリー、アンソニー・デイビスなど。チームカリーはトンプソン、グリーン、ハーデン、アデトクンボなど。全般的にスリーポイントがよく入るチームカリーが優勢に進めている印象。しかし、特典で言えば2点差で折り返して、3Qでも3点差。チームカリーの方が余裕はありそうなんだけど得点は競る。最後はレブロンが逆転して、カリーにシュートを打たせず逃げ切り。やっぱり競ると盛り上がるね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)