Tag Archives: NBA

スポナビライブ + 楽天TV 併用 レビュー

国内および国外のバスケが開幕して早1ヶ月。自分のようにBリーグもNBAも見たいという人は、スポナビライブと楽天TVの併用を検討しているはず。楽天TVの参入がサプライズだったものの、もともとBリーグとNBAの2つのリーグを見るために、動画サービスをかけ持つ予定だった。Bリーグについては予定通りスポナビライブを選択したんだけど、NBAはDAZNのつもりだったものを楽天TVに変更する形に。NBAのみに着目すれば、より多くの試合を見れるようになったので、楽天TVはありがたかった。... 続きを読む

NBA 2017-2018 開幕

どうなることかと思われた今シーズンのNBA視聴も、蓋を開けてみれば楽天TVのおかげで毎日1試合は見れる状態。見れるときだけ見ようとか思ってたけど、何だかんだで放送されているカードは全部消化してしまっている。気軽にandroidアプリからオンデマンド視聴が出来るのはBRAVIAならではで、ちょうどテレビを買い換えたのも功を奏した。楽天TVのコンテンツにまったく不満はないものの、アプリはいろいろ言いたいことあるんだけどね。それはまた別の機会にでも。... 続きを読む

今年の NBA 視聴どうする? 楽天TV or DAZN or WOWOW

いよいよNBAの開幕を1週間後に迎える。初めての動画配信サービスであるスポナビライブを楽しんでいる昨今、NBAはDAZNで見る気満々だった。以前はWOWOWで見ていたんだけど、最近の動画配信サービスの月額と比較してもNBA目的だけだと2484円(税込)は高い。この月額でBリーグも見れるなら悪くないけど。ただ、WOWOWのページを見てもDAZNのページを見てもNBAの放送予定が具体化していないのが気になっていたところに、楽天のNBA独占放映権獲得のニュースが!... 続きを読む

NBA ファイナル 2016-2017

もはや圧倒的な勢いで王朝を築きつつあるウォリアーズ。むしろ昨シーズンに連覇できなかったことの方が不思議なくらい。そこにデュラントが加わって、まさに死角なし。誰もがウォリアーズの優勝を本命と考えていたに違いない。その中でスパーズやキャブスがどれだけウォリアーズを苦しめるか、皆そこに注目していたはず。ウォリアーズもキャブスも負けなしでカンファレンス・ファイナルまで駒を進めた。堂々たる2強振りだが、それでもウォリアーズに分があるように思えた。... 続きを読む

NBA プレーオフ 2016-2017

久々に多忙だった4月、すっかりブログの更新も後回しになっていた。4月は復活以来最低となる記事数を記録した。5月に入ってもGW中、連日長男の試合に付き合っていたため、この時期になってからようやく落ち着きを取り戻し始めた。例年のごとく、プレーオフについての期待をまとめておきたかったが、既にカンファレンス・セミファイナルが終わっているチームも出てきている。Bリーグのチャンピオンシップ組み合わせも決まり、少し寂しいが今年度のシーズンも終わりが見えてきた。... 続きを読む

NBA & Bリーグ オールスター 2016-2017

1ヶ月ほど先行してBリーグが行われ、そして先日NBAのオールスターも実施された。2つのリーグを追うことになったこの1年、バスケ見るだけで忙しいだろうと思いきや、忙しくて殆ど見れていない。仕事も私事も初めての事が多くて時間が取られていることも確かなんだけど、何といってもヤフオクでの不用品処分と、それによってモノの循環が頻繁になるため、新たなシステム構築に追われてしまっている。それはそれで楽しいんだけど、もっともっと時間が欲しいなあw... 続きを読む

NBA 2016-2017 開幕

9月に開幕したBリーグに続いて、NBAも例年通り10月末に開幕!今年からはNBAとBリーグの両方を堪能できるようになるということで楽しみなシーズン。BS1での週2回のNBAに加えてBリーグも何試合か見れるのかな、とかうきうきしていたのだが、実際はNBAとBリーグが週1回ずつというプログラム。うーん、日本でのプロバスケ元年くらい大盤振る舞いしてくれればいいのに。今年は日本中がバスケに注目していますよね!w... 続きを読む

NBA ファイナル 2015-2016

ウエストのウォリアーズとスパーズ、圧倒的な2強の連勝に引っ張られたレギュラーシーズン。誰しもがこの2チームによる優勝争いを予想していたのではないだろうか。東の雄キャブスはHC解任による立て直しで、プレーオフまでにはとても体制が整わないと思われた。しかし、そのプレーオフ、終わってみれば最後まで予想を裏切るとんでもない展開だった。まず驚かされたのが、カンファレンス・セミファイナルでのスパーズ敗退。ウォリアーズの快進撃に隠れてしまったとはいえ、レギュラーシーズン67勝という好成績だったスパーズ。それを破ったのはウエスト3位のサンダーだ。... 続きを読む

NBA プレーオフ 2015-2016

プレーオフの顔ぶれも確定し、いよいよ熱戦が開始した。ウエストはほぼ予想通りのチームが上がってきた。ウォリアーズの勝率はある意味予想を越えていたが。そのウォリアーズにしっかりと黒星を付けたスパーズの勝率もものすごいのだが、今期はウォリアーズがすご過ぎたせいで陰に隠れてしまった。スパーズには対抗として、何としてもウォリアーズを苦しめて欲しい。サンダーとクリッパーズの位置も順当で、グリフィンの復帰したクリッパーズの奮起に期待。あえて言うならロケッツがもう少し順位上かと思っていたが、1回戦からウォリアーズと当たる事に。去年の雪辱を果たせるように頑張ってもらいたい。... 続きを読む

NBA オールスター 2015-2016

ウォーリアーズが快進撃を続ける中で迎えたオールスター。今回の注目は今シーズンで引退を表明しているコービー。シャック引退時にもスリーピートを達成した往年のコンビでオールスターを盛り上げ、2人共々MVPを受賞。今回のオールスターでもブルズのバトラー代役で連覇達成時の相方ガソルが出場する。いつものお祭り騒ぎな気分よりはどこか少し寂しい雰囲気のオールスター戦が始まった。... 続きを読む

NBA 2015-2016

NBA 2015-2016が開幕して早7週。ウォリアーズがとんでもない事をやってくれましたね。開幕24連勝!今年はWOWOWやめちゃったのでBSでしかNBAを見れないんだけど、BSでもウォリアーズの試合は多く放送してくれている。自分が見た試合だけでもカリーの華麗さと勝負強さは尋常じゃなく、20点のビハインドがあっても逆転してしまう。連勝を続けるには、こういう出遅れた勝負をいかにひっくり返すかが重要で、いとも簡単にそれをこなしてしまうこのチームは、まさに常勝の条件が揃っている。ただ、レギュラーシーズンがあまりに調子良過ぎると、意外とプレーオフでアップセットされたりするのだが、きっと私の杞憂に終わるだろう。... 続きを読む

NBA ファイナル 2009-2010

今期のNBAは、3敗からの逆転でレイカーズが優勝した。フィル・ジャクソンは4度目、コービーは2度目の2連覇となる。過去3度の3連覇を成し遂げてる事を考えれば、誰もが4度目の3連覇を頭に思い描く。過去の3連覇の状況を詳しく知らないので、その難しさは想像付かないが、今期のファイナルを見ればその道のりが如何に険しいかわかる。レイカーズのウェストにおけるポジションはそうそう揺らぐ事はない状態にあるものの、やはりイーストからどのチームが勝ち上がってくるかが、その可能性を大きく左右する。... 続きを読む

NBA プレーオフ 2009-2010

今年も熱く長いレギュラーシーズンの全ての試合を消化し、プレーオフが始まっている。本命対抗はウエストのコービー率いるレイカーズと、イーストのレブロン率いるキャブスだ。両チーム共、2位に大きくゲーム差を付けて終盤戦はエースを休ませるほどの快調振り。キャブスにシャックが加入したことで、レイカーズのコービー&ガソル・コンビに対して、レブロン&シャック・コンビがどういう結果を生むか非常に楽しみだ。名将フィル・ジャクソンのレイカーズも優勝した次の年が最も強い、という評価がどうなるか。... 続きを読む

NBA オールスター 2009-2010

待ちに待ったNBAオールスターのシーズンがやってきた。今年はマブスの本拠地ダラスにあるカウボーイ・スタジアムで行われる。ウエストもイーストも最早見慣れた選手のオンパレードだが、残念ながらコービーとアイバーソンが欠場となってしまった。イーストはいつも通りレブロン、ウェイド、ハワードを中心とした構成。ウエストはコービー、クリス・ポール、ヤオ・ミンが欠けて、得点王のカーメロと調子の良いマブスやサンズの選手が目立つ。バンクーバーの冬季オリンピック開会式に参加していたナッシュの姿もあった。... 続きを読む

NBA 2009-2010

開幕から早くも3ヶ月目に入り、各チームとも出来に明暗が分かれてきた。実力が拮抗しているウェスタン・カンファレンスにおいてはロン・アーテストの加入で安定感の増したレイカーズが独走体制。優勝した次のシーズンが最も強いと言われるフィル・ジャクソン神話をまざまざと感じさせる快進撃だ。ここまできたら4度目の3連覇を見てみたい気もする。果たしてどこまで突き抜けるやら底が知れない。唯一の懸念点はコービーの右手骨折だが、試合の経過からはそれを微塵とも感じさせない。... 続きを読む

NBA ファイナル 2008-2009

少し遅くなったけど、NBAファイナルが終了した。4強から復習すると、ウェスタンがレイカーズ対ナゲッツで、イースタンがキャブス対マジック。サプライズはマジックくらいであとは順当な勝ち上がり。マジックについては上位チーム同士での勝率が高く、KGを欠くセルティックスに対しても競り勝った。一方で、負傷者が続くロケッツは最後までレイカーズを苦しめるが、やはりコービーを止め切れず惜敗。図式としては文句なく最強のエースとなったコービーと、それを追う若手エース陣のカーメロ、レブロン、ハワードといった格好。... 続きを読む

NBA プレーオフ 2008-2009

久々の書き込みにはちょっと訳が。先月末にノリノリで何度かスノボに行ったものの、帰路で追突事故をもらってしまった。もちろん過失ゼロなので保険で治療や修理は受けられる。しかし、体を動かしたりすると頭痛を感じるようになった。結局、それ以降は運動も外出も行きづらくなり、屋内か散歩くらいの生活を送っている。おかげで本を読むようになったけどw まあ、本と言っても味も素っ気もない技術本ばかり。そのうち、その方面の整理もしていきたいね。... 続きを読む

NBA オールスター 2008-2009

NBAも後半戦に突入。そして待ちに待ったオールスターが、サンズ本拠地のフェニックスで開催される。その前に現状を整理してみよう。今シーズンは強いチームが勝ちまくる、という明暗が分かれた結果になっている。昨シーズン同様に調子がいいのが、レイカーズとセルティックス。去年のファイナルのカードだね。直接対決の結果はレイカーズ2連勝で、今のところレイカーズに分がある感じ。コービーが雪辱を晴らすために燃えているのがよくわかる。セルティックスからはビッグ3全員が、レイカーズからはコービーとガソルのコンビが選出されている。... 続きを読む