ドラゴンクエストヒーローズI・II レビュー DQH1編

いつかやりたいゲームに長いこと名前を連ねていたタイトルの1つであるドラゴンクエストヒーローズ。言わずと知れたドラゴンクエストをテーマとした無双系のゲーム。無双系のゲームは覚えていないくらい昔に友人宅でちょろっと触ったくらいしか記憶にない。そのときは三国志か何かだったと思うんだけど、正直あまり面白いとは感じなかった。そういう経緯もあって、やってみたいとは思いつつも値段的に妥当とは思えず、優先度は低い状態が続いていた。



【即納★新品】NSW ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch
価格 : 6,980円(税込、送料240円)
by Yahoo! ショッピング

そんな中、子供たちにSwitchを買ってあげて3DS脱却を図っていた昨今、もはや3DSのソフトは買わせず、Switchのソフトを買うように誘導。ところがSwitchのソフトは思ったよりもまだ数がなく、長男のドラゴンクエストヒーローズを欲しいというリクエストをつっぱねるほどのタイトルを思いつかなかった。そしてSwitch向けのDQHI・II購入に至る。しばらくはすごい楽しいと夢中になっている長男だったが、いつしか別のゲームをやるようになっていた。

ほぼ同時に次男が買ったスナックワールドを私と次男が楽しそうにやっているのを見て、次第にそちらへの興味が大きくなってしまったようだ。つくづくゲームはここのタイトルが持つ面白さよりも皆でやるゲームの方が楽しいということを思い起こさせる。初めてやるタイプのゲームで、行き詰った時に相談できる相手がいなかったのも問題なんだけど。まだ小学生だしね。というわけで、遂に重い腰をあげて、DQHをやってみることにした。

チュートリアルはしっかりしていて、言われるがままに従っていけば一通りの操作は覚えることができる。よくあるタイプの操作系なんだけど、タイトルごとに視点リセットや回避のボタンが微妙に変わるのはそろそろ何とかして欲しい。スナックワールドのボタンと押し間違えながらも順調にストーリーを進めていく。話の内容はドラクエ的な王道ファンタジー。大きなひねりもなく、ほぼ一本道で話は進んでいく。アクションがメインならストーリーはおまけみたいなものだしね。

よくもわからず女主人公で始めたんだけど、スキルやアクセサリーが増えてくると、徐々に永久機関の作り方みたいなイメージが湧く。そして、その構成が完成すると特技連打が可能となり、一気に爽快感が増す。一方で難易度は下がってしまうけど。とはいえ、装備とスキルで無双化するのはdiablo系でも一緒。これはこれでやはり楽しめる。そして仲間が増えてきて、その仲間の中にも同じようなビルドが出来そうなキャラがいることに気付く。

そう、それが我らがビアンカだ。ビアンカを永久機関に作り上げると、本気でさみだれ連打しているだけどのゲームになりかねない。もちろんある程度立ち回りに工夫は必要だけど。主人公は外せず、回復はゼシカ、そして火力はビアンカとなると、ほぼパーティも固定。思考停止でさみだれ連打してるだけでクリアできてしまうけど、それでも爽快感が癖になってどんどん話を進めてしまう。唯一戦い方を考えたのは謎の剣士との戦いくらいかな。

クエストもこなしながら進めていくと、レベル的に苦しむような場面もなく、最後まですんなり行ってしまった。クリア後のエンドコンテンツもありそうだったけど、DQH2もやってみたかったので一旦終了。続いてDQH2も始めてみたんだけど、連続してやるには、ちょっと疲れて(飽きて?)しまって今は別のゲームに逃げ。しばらくしたら、またDQH2もやってみようとは思うし、仮にDQH3が出たら多分やるんじゃないかな。DQH2はもう少しやり込みもがんばってみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)