仮想通貨に挑戦! coincheck に口座開設してみた

dマガジンで適当な雑誌を読んでいても、仮想通貨に関する話題に触れることが多くなった。今年に入ってからもビットコインの値上がり幅が大きく、衆人の注目を浴びるようになったようだ。折しも機械学習のためにGPUサーバを作ろうと思ってた昨今、ついでにマイニングで小遣い稼ぎでも出来たらなと甘い考えを持つようになった。一応ファイルサーバとか録画サーバという仕事はあるものの、無意味に24時間稼働している無駄飯食らいのサーバが3台もいる。その後ろめたさから、せめてこいつらが自分の食扶持くらい稼いでくれれば堂々とサーバ増やせるなとw 多ければ多いほど、いろいろ便利だよねw

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

GPUサーバの構築は別途進めていて、それは他の話題と一緒にまとめていくつもり。先行してマイニングについて調べてみると、ソロマイニングとプールマイニングがあり、後者は複数人で協力してマイニングするらしい。そこで得たコインは指定したウォレットに送られるよことになる。LinuxやWindowsで動かすマイニング処理は大抵プールマイニングとウォレットのアドレスを指定する必要がある。そのウォレットをどこで用意するかというと、一般的には日本のビットコイン取扱所となるbitFlyerとかcoincheckになるようだ。

さて、続いて仮想通貨の種類の話なんだけど、主要通貨のビットコイン以外にも幾多の通貨が存在していて、それらを総称してアルトコインと言う。マイニングも主にそのアルトコインを掘ることになるんだけど、自分が調達しようとしてる。NVIDIAのGeforce GTX 1080はその中でもZCASHのマイニングを得意としている。そこでまずは、このZCASH用のウォレットを確保しておきたい。日本でZCASHを扱っているのはどうやらcoincheckだけのようなので、今回はcoincheckに口座を開設してZCASHウォレットを作ってみる。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

coincheckのトップから新規登録で取引アカウント選択。登録したメアドに確認メールが来るので、そのメールのリンクから手続きを進める。これでアカウントそのものは出来るんだけど、本人確認を済ませないとほぼ何も出来ないに等しい。目的のウォレットも作成することができない。本人確認は免許証を持った自分の写真と免許証の裏表の3枚。免許証はよいとしても、免許証を持った自分の写真って撮影するの意外と難しい。登録フローの中でPCのカメラを起動してくれたりするんだけど、PCで撮影するのも結構難しいよね!

何とか悪戦苦闘しながら3枚の写真を撮影したら、それをアップロードして個人情報を入力すれば本人確認の申請は終わり。あとは審査を待つのみ。ちなみに本人確認用の写真は金融系の他のサービスでも使う気がするので、大事にとっておいた方がよいかも。ちなみに申請したのは金曜の夜で、これは下手すると週明けまでサービス使えないのかなと思っていたが、翌日くらいには審査が通った。喜び勇んでcoincheckに取引アカウントでログイン。コインを受け取るからZCASHを選択して、アドレスを作成。ウォレットが出来たああああ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

このあと住所確認のため、簡易書留の書類が送られてくるらしい。これは郵送のためか、発送は翌営業日の月曜日だった。ウォレットを作るのが目的だった自分には住所確認が出来ていないと、何が出来ないのか微妙によくわからなかったけど。ちなみに書類の到着は更に時間がかかり2日後の水曜日だった。何かやろうと思ってから、これだけ待たされるのが嫌な人はとりあえず早めに開設しておいた方がよいかもしれない。開設したところで、マイニングで得たわずかな仮想通貨を預けているだけなんだけど、これを機にいろいろ学んでいきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)