小田原旅行(前編)

世間を騒がしていたインフルエンザも落ち着いてきた(?)ようなので、GWに諦めた家族旅行を6月に振り返る事にした。場所は幾つか候補があったが、今回は妹家族の住んでいる小田原に決定。小田原と言えば、何と言っても北条早雲に始まる、後北条氏の小田原城。意外と近いにもかかわらず、余り行く機会もなかったので、一度は行ってみたいと考えていた。他にもまだ怖がるだけの海もあるし、妹家族には年齢の近い男の子と女の子がいるので、うちの子もきっと楽しめるだろう。宿は休養が一番の目的なので、大きなスパやプールが充実しているヒルトンに2泊する事にした。

前回の旅行では出発がかなり遅延して、現地到着が夕方と言う体たらくだった。今回は早めに到着することを絶対の目標とする。6時起床→9時到着のつもりでいたが、実際には7時起床→8時出発となった。ところが環八がガラガラで、あっという間に高速まで辿り着く。しかし、ここで痛恨のETCカード入れ忘れ。初めての経験だったのでテンパってしまい、発券されたカードを取る事になかなか気付けなかった。ナビは東名で行く経路だったが、何となく小田原厚木道路を使う事にした。その後も高速そのものは順調で、予定通り9時には小田原東IC近郊の鴨宮駅へ到着できた。

小田原城

小田原城

初めての妹邸を訪れて朝食を一緒した。静かで風が気持ちいいリビングだったのが印象的だった。思わず何度かうたたねするほどw そして、まずは近場の海へ向かう。まだ時期も早いし、周りは釣りかバーベキューをやっている人くらい。うちの子は砂浜に立つのも嫌がる始末。確かに熱海の海岸では、まだ歩けなかったから抱っこだけだったしね。妹の息子は慣れてるのか、少し年上だからなのか、砂浜で楽しく遊んでいた。波が来る辺りまで連れて行ってみたが、最近覚えた『コワィーコワィー』連呼。プールで水に慣れていると思ったんだけど、波はもう少し違うものに映るのかな?

その後、一旦家へ戻り遅めの昼食、お刺身でもてなしてもらった。たっぷり昼食を取ると、今度は念願の小田原城へ向かう。報徳神社から歩いて小田原城(本丸)へ向かう。うちの子は早起きのせいかこの時点で一旦昼寝。階段やら坂道をベビーカーで上がる羽目に・・・。小田原城前は大きな広場になっていて子供たちは走り回る。更に象やら猿やらもいる模様。さて、息子と2人で小田原城内を上っていく。鎧やら刀やらが飾ってあって、心なしか彼も興味深げw 天守閣まで上がると展望スペースがあり、下で待っている他のメンバーと携帯で話しながらビデオに録ってもらう。夜はおすすめの寿司屋に皆で向かい、たっぷり食べて解散となった。

後編へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)