Amazon 読み放題 Kindle Unlimited レビュー

Amazon Fire HDを購入すると、もれなくKindleでいろいろな本を読んでみたくなる。10年近くまともに書籍を読んでこなかったので、電子書籍として所持している冊数はたかが知れている。とはいえ、いまさら何かの本を買おうにも選び方がわからない。そこで辿り着くのが、Kindle Unlimitedという読み放題サービス。ちょうど1ヶ月無料+2ヶ月目の月額ポイントバックのキャンペーンをしてたのも手伝って、自分が電子書籍による読書文化に慣れ親しめるかどうかを試してみることにした。

自分の場合、読み放題というか雑誌読み放題のdマガジンに既に加入している。さすがに両方同時に入るつもりはなかったが、自分がよく読む雑誌はほぼKindle Unlimitedでもカバーされていたので代替可能。唯一痛いのがアスキーがなくなることかな。dマガジンが月額400円なので、それにもう少し料金を追加して、アスキーの代わりに書籍やコミックを読めるようにするイメージ。LTE通信のないFire HDでもあらかじめダウンロードしておけば、いつでもどこでも読めるというのもメリット。

という訳で、月の変わり目にdマガジンを解約してKindle Unlimitedに加入。直後は立ち読み感覚であれやこれやと読み漁った。技術系やバスケの本など、思った以上に読んでみたい書籍が見つかった。しかし、そこは現代人、読みたい本があってもなかなか時間が見つからない。ネットで書かれていることをそのまま内容にしているような軽めの電子書籍も多く、そういう手軽なものを優先して読むようになる。そして、どれを読んだか読んでないかがわからなくなり、徐々に探すのも億劫に。探す時間が取れないと、惰性で雑誌を読むようになってしまって元のもくあみ。

とはいえ、スマホではなくタブレットの大きい画面で、いつでもどこでも見れるのはすばらしい。正直言って、dマガジンだった頃よりも雑誌をよく読んでいたかもしれない。雑誌の読む読まないは、ある程度はデバイスにも左右されるのかな。あるいはスマホの場合、ニュースサイトとかも見れちゃうから、そっちばかり見てなかなか雑誌を読まないのかもしれないけど。自分としては同じようなニュースを何度も見返すよりは雑誌読む方が有意義に思えるので、ついついニュースを見てしまうスマホよりタブレットの方が合っているのかもしれない。

一方で、子供時代にお世話になったようなコミックも大量にあり、時間の経過と共にそれらがKindleの読書時間の多くを占めるようになった。懐かしさに負けて全巻読んだコミックも少なくないんだけど、その感想は残念ながら時間の無駄。。。よくまあ子供だったとはいえ、ここまで支離滅裂な内容で大喜びしていたものだな、としみじみ思う。終盤なんて既にがっかり感半端ないのに義務だけで読み切っていたし。懐かしくて楽しい時間ではあったんだけど、多忙な日々の中でそういう時間を割いてばかりはいられないよねえ。

時間を犠牲にした気分転換なら、ゲームの方が効率よいというのが正直な感想。ゼルダBOWとか我を忘れるほど面白かったしw キングダムとかベルセルク級のコミックが読めるなら、また感想も違かったかもしれないけど。というか、もともとは書籍を読むつもりだったのに、コミックばかり読んでる自分が悪いんだけどね。おそらく今月いっぱいでKindle Unlimitedは解約すると思うんだけど、キャンペーンやってるときに数ヶ月くらい気分転換で入ってみるのはすごくいいと思う。できればコミックや雑誌ではなく書籍を読むようにしたいw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)