Bluetooth搭載照明 LINK STYLE LED LGBX1189 購入

リビングの主照明は長らく昔ながらのシャンデリアだった。デザインはよいんだけど、機能面でのストレスが徐々に目に付くようになってきた。中でも最も問題視していたのは明るさ。普通に生活する分には気にすることはなかったんだけど、長男が高学年になって本格的に勉強するようになると、ちょっと明るさが物足りない。結局、間接照明やスタンドのライトを使って補う感じ。また、電球4つが必要なタイプで消耗も早いため、頻繁に3つ状態、ひどいと2つ状態になってしまう。それも明るさ不足を助長していた。



◆LGBX1189 パナソニック照明 LED シーリングライト リモコン別売
価格 : 31,185円(税込、送料込)
by Yahoo! ショッピング

という訳で、今回の買い替えを進めるに当たって、まずは明るさを引き上げることが主目的。寝室のシーリングライトはLEDで、蛍光灯を変えた記憶はなく、暗いと感じたことも皆無だったので、LEDライトにすることは確定。ついでに、こういう時期に買うのだから、できればIoTぽいものにしたい。それほど高価な製品でなければ何らかの形でネットワークに繋がるライトがベター。防犯の観点で、旅行中もリビングの電気をつけっぱなしにすることとかあったので、外出先から点灯or消灯できると省エネで尚嬉しい。

この要件で製品を探すにあたって、最初に思いついたのがソニーがしばらく前に出したマルチファンクショナルライト。確かスピーカー機能も持っている。しかし、機能的にオーバースペック気味で価格面が気になるのと、そもそもどこで買えばいいのかよくわからない。当時はアプリがiPhone版しかなかったのもネックだったし、肝心のデザインもちょっと野暮ったいような。。。他の製品としては電球タイプのスマートLED照明というのが幾つかあったけど、できれば製品として丸ごと売って欲しいのと、シーリングライトにしたかったので電球タイプは選択しづらかった。

そんな感じで、しばらく決め手に欠ける製品しかなかったが、ふとパナソニックから発売されたLINK STYLE LEDシリーズというものを目にする。複数のライトをスマホから一括管理できるというのも魅力的だったんだけど、幾つかの種類のライトがセットで扱われているという点がよかった。ラインナップの中にシーリングライトもあるしね。今回はリビングのシーリングライトをリプレイスするだけだけど、気に入れば同シリーズのペンダントライトや間接照明なども導入してみたいという欲求がw

うちのリビングであればLGBX1189という小さい方の製品で充分そう。気になるお値段もネットならそれほど驚くようなものではない。ググってみると自力で取り付けしている人も少なくなさそうなので、ネットで買ってみる方向で。IoTなライトを買うのは初めてなので本来なら時間をかけて吟味するべきだが、ダメだったらヤフオクで捌くつもりで深く考えずに使って試す方向で。結局のところ、使ってみないと気付けないことも多いからね。還元ポイントが最大化するタイミングで、今回もネット購入。あ、また実物見なかったな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)