MHP2G ハンターランク9達成

すっかりモンハン専用機となっているPSP。幾つか他のゲームも試してみたけど、余りはまるところまでは至らない。あえて言うとサウンドノベル系は寝る前にやるとすごく良い睡眠が取れるw 決してつまらないという意味ではなく。PS時代にクリア出来なかったペルソナのリメイクも楽しみにしていたが、評判を見る限りは今のところ様子見状態。中古価格の推移次第でトライしてみたい。戦場の絆もアーケードは人気あったみたいだが、周囲で買った人の評価ではPSPでやるのは微妙と言う空気の流れ。

結局、未だにPSPではモンハンを続けている。しかし以前のように熱中する事はなく、大剣アーティラートを目指してはいるものの全く素材は集まっていない。防具も切れ味+と抜刀は既にあるので、短縮スキルを追加する防具の素材が欲しいが、こちらも集まる気がしない。とはいえ、最近でも続いているのは新しく配属された新人や中途のメンバーが何人かモンハンをやっているからだ。と言う訳で、手伝ってもらう一方だったモンハンで、新参を手伝う機会が増えてきた。そこで新たな発見となったのが笛である。

今まで序盤に何も考えずに片手剣を使って以降、100%大剣しか使ってこなかった。真剣に別の武器を試すのは初めてになるのだが、笛は相性が良かったようだ。元々、他のネトゲでもヒーラーやバッファーをやる事が多かったので、支援集中だとしてもそれ程は苦でない。実際には吹きながら殴ったり、閃光玉による援護など、慣れてくればいろいろやれる事は増えてきそうだが。とりあえずブラッドホルン、ブロンズベル、ガンズ=ロックIIを作成してみた。防具はいつもの装備に無理矢理、笛吹き名人を付けただけ。抜刀状態でも走れるって素晴らしい・・・w

自分の方はというと、既に言った通り素材はまるでダメだが、G級★2のキークエストをコツコツとこなしていた。そして、最後の緊急クエストでヤマツカミを初めて見る。久々の初ボスを新鮮に感じながらも、即死攻撃の吸い込みに苦しむ。その他の攻撃については慣れてくれば普通に避けれる。しかし、攻撃チャンスとなる触覚の串刺しから、普段より早くにリカバって吸い込み攻撃に移行されると、何人か犠牲者が出てしまう。全員たっぷり粉塵を持ち、不要な時は必ず納刀する事をルールとして、息が合ってきたところで2度の討伐に成功した。序盤からほぼ一緒にやってきた仲間と同時にハンターランク9を達成出来た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)